洗えるダウンと洗えないダウンの違いや洗濯の注意点

ダウンジャケットの洗濯
coromoe-u

すべてのダウンが自宅で洗えるわけではありません。

洗えるダウン、洗えないダウンはどこで見分ければ良いのでしょうか。自己流でのお手入れや、お手入れ方法を間違えると、せっかくのダウンをダメにしてしまう可能性があります。

そこで今回は、洗えるダウン、洗えないダウンの見分け方から、洗えないダウンのお手入れ方法などをご紹介します。

洗えるダウンと洗えないダウンの違い

様々なデザインや素材で作られているダウンは、洗えるものと、洗えないものがあります。まずは、お手持ちのダウンが洗えるのかどうか、確認してみましょう。

洗濯表示を確認する

洗濯表示 桶に40は液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる桶に40は液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる
洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能桶に手は40℃を限度に手洗い可能
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止桶に×は家庭での洗濯禁止

自宅でダウンを洗えるか洗えないかは、お手持ちのダウンに付いている洗濯表示を確認する必要があります。

洗濯表示に桶のマークがあれば洗濯機で、桶に手のマークがあれば手洗いで、自宅で洗濯可能で、桶に×が付いている場合は自宅で洗濯不可です。

洗濯表示は、衣類を取り扱う際の注意事項を記号によって分かりやすく示したものです。ダウンの洗濯を失敗しないためにも、洗濯表示の指示をしっかり守りましょう。

洗えないダウンはクリーニングで、ドライクリーニングするか、汚れが溜まっている場合はウェットクリーニングして貰いましょう。

素材を確認する

生地の素材によっては自宅では洗濯できないものがあります。

レザーやフェイクレザー、シルク、ウール素材のダウンは色落ちや型くずれや、生地が傷んだり縮んだりしてしまう可能性があるので、自宅で洗濯することはできません。

フードや袖口などにファーやレザーなど、異素材が使われているものも要注意です。

また、縫い目をなくし特殊な樹脂で圧着加工を施したシームレスダウンは、洗うと接着剤が剥がれしまうことがあります。年数の経ったものほどシーム部分が劣化しやすいので、洗う際には注意が必要です。

装飾やプリント、特殊なロゴマークなどがついている場合も避けたほうがよいでしょう。洗濯での失敗を避けるためにも、このような素材の生地の場合はプロのクリーニング店にお任せましょう。

洗えないダウンの臭い対策やお手入れ方法

ダウンのお手入れ

ダウンを少しでも長持ちさせるために、日頃からお手入れをきちんとすることがなによりも大切です。

帰宅後は吊るして湿気を取る

ダウンの中の羽毛は、着用している間にたくさんの湿気を吸っています。

帰宅後すぐにクローゼットなどにしまうと、湿気がぬけず保温性の低下につながります。またカビや臭いの原因にもなりますので、外出先から帰宅したら、まずはダウンの湿気を逃がしましょう。

ダウンをハンガーにかけ、風通しの良い場所に一晩吊るしておくとよいでしょう。直射日光にあててしまうと生地が傷んでしまいますので、必ず陰干しするようにしましょう。

ブラッシングする

ダウンの表面は静電気が発生しやすく、小さなホコリや花粉などがたくさん付着しています。ダウンをハンガーにかけ、上から下にやさしくブラッシングし、ホコリを取り除きましょう。

柔らかい豚毛や馬毛など天然素材のブラシを使用し、擦りすぎないように注意しながら行って下さい。玄関などに用意しておけば、着用後にサッとブラッシングができるので、いつもキレイな状態を保つことができます。

軽い汚れはすぐに対処する

日々の着用で付着してしまう軽い汚れは、拭くことでシミになるのを防ぐことができます。固く絞ったタオルなどでサッと拭き上げる習慣をつけておきましょう。

また、ダウンが雨に濡れた場合は、早めにタオルなどで水分をふき取っておくようにしましょう。

風通しの良い場所で陰干しする

空気を多く含むダウンは、空気と一緒に臭いも吸着しやすい性質があります。ダウンに臭いがついてしまったら、早めに対処するようにしましょう。

臭いがついたばかりのダウンなら、風通しの良い場所で陰干しておくことである程度臭いを取ることができます固く絞った布で、表面をサッと拭き上げてから1日~数日間干して置くと、より効果的です。

入浴後の浴室に吊るしておく

入浴後の蒸気が充満している浴室に、一晩吊るしておきましょう。蒸気が臭いの成分を吸着してくれるので、生地を傷めずに臭いのみを取ることができます。翌日、しっかり乾燥させてから収納するようにしましょう。

スチームアイロンの蒸気をあてる

スチームの細かい粒子が臭いを吸着させ、水分が蒸発するときに臭いの成分も一緒に取り除いてくれます。

ダウンから2~3cm浮かせてスチームをたっぷりかけ、スチームをあてた後は、ハンガーにかけてしっかり乾かしましょう。

スチームアイロンがない場合、霧吹きでダウンを若干湿らせたうえで、ドライヤーの温風を当てることでも同様の効果が得られます。

スチームアイロンやドライヤーでケアするときには、ダウンに傷みや焦げがつかないよう、十分に注意をした上で行いましょう。

クリーニングに出す

一時的についてしまった表面の臭いは、比較的簡単に取ることができますが、長年の着用で染みついた臭いの場合、水で丸洗いしないと取れないものがほとんどです。

自宅での洗濯ができないダウンは、信頼のできるクリーニング店にお願いしましょう。ダウンの扱いに慣れていないお店に依頼すると、トラブルが起こる可能性がありますので慎重にお店を選ぶことが大切です。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました