プロが教える衣替え時のブラウスの収納方法や洗濯方法

ブラウスの洗濯
coromoe-u

ブラウスの正しい洗濯方法や収納方法をプロのクリーニング屋が紹介します。

日頃の洗濯や収納だけではなく、衣替え時の仕舞い洗いや長期保管の際、オフシーズン中にトラブルが起きない様に必ず実践して欲しい事なので、しっかり頭に入れて実践して下さい。

ブラウスの収納方法

正しい収納方法を知っておかないと、次のシーズンに着用する際にすぐに着用できないといった事もあるので、しっかりと覚えておきましょう。

素材別で収納方法を変える

ブラウスによく使われている素材は、綿、麻、ポリエステル、レーヨンです。綿、麻、レーヨンはシワになりやすい特性があるので、ハンガーでの吊るし保管をおすすめします。

ポリエステルは丈夫な素材なので、畳み保管でも問題ありませんが、長期の保管の際は頑固なシワや畳みジワになってしまうので、こちらも吊るしておいた方が直ぐに着用したい場合には良いです。

収納前にアイロンがけをする

いつも保管中にシワになるから、衣替えで出した時に洗濯やアイロンをし直す方もいらっしゃると思います。

そうならなに為にも、シワになりやすい素材を使用しているブラウスは、収納前にしっかりとアイロンがけを行っておくのが理想的です。

またシワを防ぐスプレーなども販売されていますので、ワンプッシュかけておくのも効果的でしょう。

使用する際はしっかりと乾燥させておいてから収納しておかないとその部分が濡れたままの状態になってしまうのでカビやニオイの原因になってしまいます。

吊るす際ハンガーは太めの木製がおすすめ

ブラウスに限らずですが、吊るし保管を行う際は太めのハンガーが理想的です。

太めのハンガーを使用する事で、型崩れ、ヨレ、シワを防ぐほか、通気性がいいので長期の保管で湿気が発生した際も細いハンガーより空気が逃げるので効果的です。

木製なら、丈夫ですので安心して長期の吊るし保管ができます。

畳んで保管する場合

一番上のボタンを1つ開けて、他は留めた状態で背中の中央に袖部分を持っていき、中央の縫い目部分できれいに折り返しましょう。

両脇を背中の中心にくるように折り畳んで、袖部分をしまい、半分に折ります。型崩れは最小限に抑えられて折り目がきれいにつくので着用の際の変なシワはなくなります。

ブラウスの洗濯方法

ブラウス2

ブラウスで一番多いのが白。白地のブラウスは、皮脂汚れ、襟、袖、脇部分の汚れが気になるので、しっかりとお手入れすることが重要です。

洗う前は洗濯表示を確認

衣類にはご家庭で洗濯が可能な衣類、洗濯を避けた方がいい衣類が存在します。洗濯表示タグを確認して×になっているものはご自宅でのお洗濯は避けクリーニングに依頼しましょう。

洗濯表示 桶に30は液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる桶に30は液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる
洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能桶に手は40℃を限度に手洗い可能
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止桶に×は家庭での洗濯禁止

手洗いにマークが入っているものも、デリケートなものが多いですので十分注意してお洗濯しましょう。家庭での洗濯禁止になっている場合は、トラブルになる可能性が高いのでクリーニングに依頼して下さい。

襟、袖、脇部分は前洗いがおすすめ

白地は汚れが目立ちますし、皮脂汚れは落ちにくいです。ですので前洗いを行っておきましょう。おしゃれ着用中性洗剤指で直接衣類に塗りトントンと優しくたたいて、染み込ませましょう。

強い成分の洗剤は色あせを起こしてしまう場合があるので中性洗剤で行いましょう。

洗濯ネットに入れて洗濯

ブラウスを洗濯するときは、洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。特にシャツはボタンが付いている事が殆どな上に様々なデザインがあります。

フリル、レース、装飾品がついているもの、刺繍などは、洗濯機でそのまま洗うとすぐに劣化してしまう恐れがあります。

裏返しにした状態でボタンや、ホックは閉めてネットに入れ洗濯しましょう。

シワを伸ばして干そう

干す際も基本的には洗濯表示を確認して下さい。

洗濯表示 四角に1つの縦棒はつり干しが良い四角に1つの縦棒はつり干しが良い
洗濯表示 四角に1つの縦棒に斜め線は日陰でつり干しが良い四角に1つの縦棒に斜め線は日陰でつり干しが良い
洗濯表示 四角に1つの横棒は平干しが良い四角に1つの横棒は平干しが良い
洗濯表示 四角に2つの縦棒はぬれつり干しが良い四角に2つの縦棒はぬれつり干しが良い

分からない場合は、シワを伸ばして風通しの良い場所で陰干しを行いましょう。

先にシワを伸ばしておく事で、アイロンも楽になります。干す時に直射日光に当ててしまうと、素材によっては傷んだり、色褪せしてしまう可能性があるので気を付けましょう。

洗濯方法や、保管方法を理解しておくことで、次のシーズンも気持ちよく着用できます。ブラウスは色んな素材のものがあるので、お洗濯が大変ですよね。

お洗濯が難しいシルクなどの素材や、水洗いのできないもの、装飾品が多いものは無理をせずクリーニングに依頼しましょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました