プロが教えるダウンの撥水加工や防水を自宅で復活させる方法

撥水加工した生地
coromoe-u

ダウンを水だけでなく、様々な汚れから守る為に「撥水加工」はとても有効です。ところが、撥水加工の効き目は永久ではありません。ダウンの撥水効果がなくなってきたと思ったら復活させましょう。

防水と撥水の違いとは?

「防水」とは水を通さない事で、「撥水」は水を弾く事を言います。水を弾いているのだから水を通さないのだと思われがちですが、水を通さない機能と水を弾く機能は全く異なります。

防水とは?

「防水」は生地そのものが水を通さない素材で作られたもので、生地の隙間にゴムや合成樹脂を塗り込んでいるため、水の侵入を完全に防ぐことができます。

隙間がないので強い雨でも水を通しませんが、水だけでなく空気も通さないので、通気性が悪く蒸れやすいのが特徴です。

撥水とは?

「撥水」は生地自体に撥水性がある訳ではなく、シリコンやフッ素などで生地の表面をコーティングすることで水を球状にして弾き、水の侵入を防ぎます。

しかし、生地の表面をコーティングしているだけなので、完全に水が入ってこないわけではありません。

生地の隙間や縫い目などからは空気が通るため、通気性が良く蒸れにくいのですが、大量の水や、逆に霧雨のような細かい水分が生地の隙間から染み込んでしまうことがあります。

また、素材そのものではなく表面に撥水加工を施しているだけなので、使用していくうちに汚れが付着したり、生地同士が摩擦を受けたりすることによって徐々に加工がはがれ、撥水効果は薄れていきます。

最初はコロコロと落ちていた水もだんだん弾かなくなり、生地に染みるようになっていきます。

ダウンの撥水加工を復活させる為に必要な物

撥水加工を復活させる

撥水加工を行うと雨や湿気にも強くなり、汚れも汗もつきにくくなるので、ダウンが長持ちします。しかし、撥水加工は永久に持続するわけではありません。

水滴をダウンの生地の表面に垂らすと、撥水効果が高いときはコロコロと玉状になりますが、効果が薄れてくると玉にならず潰れて広がります。

ダウンの撥水機能の低下を感じたら、撥水加工の復活を試みてみましょう。撥水加工を復活させる方法には「熱を加える方法」と「撥水加工を施す方法」があります。

「熱を加える方法」に必要な物:アイロン・ドライヤー・乾燥機など

「撥水加工を施す方法」に必要な物:撥水剤(スプレータイプ・つけ置きタイプ)

ダウンの撥水加工を復活させる方法

撥水加工を復活させる方法

撥水効果がなくなって来ている状態は、フッ素樹脂の結晶の列が乱れることで隙間が生じてしまうことで起こります。フッ素樹脂が残っている状態なら、熱を加えることで結晶が起き上がり、撥水力が戻ります。

ドライヤーの温風を当てる

一番手軽にできる方法は、ドライヤーの温風を当てることです。

ダウンから10cm程度離して、ドライヤーの温風をダウン全体に当てましょう。1カ所に長く温風を当てるとダウンの生地をいためてしまうので、注意しましょう。

アイロンを掛ける

ダウンに当て布をし、表面をなぜるように低温のアイロンを当てます。しわを伸ばすわけではないので、ぎゅっと押さえる必用はありません。生地に触れるか触れないか程度の弱い圧力をかけるのがポイントです。

乾燥機にかける

乾燥機を使えば全体的に熱処理ができます。乾燥させるわけではないので、低温設定で10分程度、乾燥機にかけましょう。

撥水剤を付ける

撥水剤には、スプレータイプとつけ置きタイプがあり使用方法は異なります。スプレータイプのものはふりかけるだけなので手間はあまり掛かりませんが、つけ置きタイプの方が撥水性をより高く感じられます。ご自分に合った方法で試してみて下さい。

撥水加工を自宅で行う方法

スプレー

撥水スプレー等を使って、自宅で撥水加工を行う事は可能ですが、汚れが残っていると、そも一緒にコーティングしてしまうので注意が必要です。

綺麗に洗濯後に撥水加工する事が望ましいですが、ダウンの洗濯は難しいのでクリーニング店で撥水加工まで一緒に頼む方が無難です。

撥水スプレーを使う

撥水スプレーにも種類があり、使用成分や効果が多少異なるので、ダウンの生地にあったスプレーを選びましょう。

撥水が必要なのはダウンの表面だけなので、ダウンのファスナーやボタンをしっかり閉め、15cm程度離してダウンにまんべんなくスプレーしましょう。スプレーをかけた後は風通しの良い場所でしっかり乾かしましょう。

スプレーをかけすぎてしまうとシミになってしまったり、ダウン特有のふわふわ感がなくなってしまう恐れがありますので注意しましょう。

またダウンに汚れがあると、その汚れに対してもコーティングをし、固めてしまう可能性がありますので、汚れを落としてから行いましょう。

つけ置きタイプの撥水剤を使う

ダウンが汚れている場合は、先に汚れを落としてから撥水加工しましょう。

バケツなどの容器に水を入れ、規定量の撥水洗剤を入れ全体をよくかき混ぜ、ダウンを浸水させます。このとき撥水剤が全体に染みわたることが大切なので、全体が浸かるようにしましょう。

その後、時々かき混ぜながら30分程度浸け置きます。つけ置きが終わったら水を捨て、水が濁らなくなるまですすぎを繰り返します。

ダウンジャケットの表面がベトベトしている場合がありますが、これは撥水洗剤の成分なので、しっかりと乾燥すればベトつかなくなりますので問題ありません。

すすぎ終わったら大きめのバスタオルを広げ、ダウンベストを挟んでできるだけ水分を取り、風通しの良い場所で陰干ししてしっかり乾かしましょう。

良い例やメリット

スプレータイプやつけ置きタイプでの撥水加工後にドライヤーの温風や乾燥機でまんべんなく熱を加えると、撥水の効果がより高まります。

クリーニングでダウンの撥水加工に掛かる値段

クリーニングビニール1

クリーニング店では、熱処理なども併用して撥水加工をしてくれます。熱処理を加えることにより、撥水成分を強く定着させることができるため効果が長持ちし、自宅での撥水加工よりも水を弾きやすくなります。

クリーニング店によって、撥水加工の処理方法が違うので、あらかじめ問い合わせておくと安心です。撥水加工の料金はお店によって異なりますが、料金相場は1,000~1,200円程です。

クリーニング店での撥水加工はオプションなので、ダウンのクリーニング代金に撥水加工の金額がかかるということを把握しておきましょう。

また、撥水加工には5日程度の日数が必要となる事が多いので、余裕を持ってクリーニング店に依頼するようにしましょう。

クリーニング店による撥水加工を行うことで、生地に雨や雪、汚れが染み込みにくくなり、きれいな状態で保てるというメリットがあります。

ダウンを長持ちさせることが出来るので、ダウンをクリーニングに出した際には一緒に撥水加工をすることをおすすめします。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました