服の嫌な臭いを取るスチームアイロンや煮沸殺菌のやり方

スチームアイロン
coromoe-u

服に残る嫌な臭いに悩まされていませんか?毎回きちんと洗って汚れは落ちているように見えるのに、服の嫌な臭いが取れないと困っている方も多いのではいでしょうか。

今回は嫌な臭いの原因と、簡単にできる臭い対策についてご紹介します。服の臭いでお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

服の嫌な臭いの原因

衣類の嫌な臭いが発生してしまう主な原因は、洗濯物に残った汚れや雑菌にあります。洗っても臭いが落ちない場合、次のような原因が考えられます。

  • 汚れが落とし切れていない
  • 濡れた衣類を放置していた
  • 洗濯機に詰め込み過ぎている
  • 洗剤の規定量が守られていない
  • お風呂の残り湯を使っている
  • 乾くまでに時間が掛かっている
  • 洗たく槽が汚れてしまっている

汚れが落とし切れていない

洗濯は衣類に付着した汚れを取り除くためのものですが、汚れが繊維の奥まで入り込んでいると、一回の洗濯だけでは汚れを取りきることができません。

皮脂や汗に含まれるタンパク質などの汚れが洗濯で落ち切らず衣類に残って蓄積されてしまうと、雑菌が繁殖して臭いを発します。

一度繁殖してしまった雑菌は簡単に消せるものではなく、数が増えるごとにバリア状に積み重なって強力になっていきます。

さらに、皮脂や汗の汚れは長く放置されていると酸化し、黄ばみや黒ずみの原因にもなります。

濡れた衣類を放置していた

汗や汚れが付着した衣類を湿ったまま洗濯カゴや洗濯機に放置すると菌が増殖し、臭いの原因となってしまいます。

また、洗濯機の中は高温多湿のため、干すのを忘れて洗濯機の中に長時間放置してしまうことでも、臭いの原因となる菌が増殖してしまいます。

汚れた洗濯物はできるだけ溜めずにこまめに洗濯を行い、洗いあがった洗濯物はすぐに干すよう心がけましょう。

洗濯機に詰め込み過ぎている

1回の洗濯量が多いと洗剤や水が洗濯物に浸透しにくく、洗い残しの原因になってしまいます。

洗い残しは雑菌や臭い発生の原因になるので、洗濯機に入れる量は7~8割を目安に洗濯量を守るようにしましょう。

洗剤の規定量が守られていない

規定量より洗剤量が少ないと汚れ落ちが悪くなり、一度落ちた汚れが洗濯機の中で再び衣類に付着してしまいます。

反対に多すぎると、すすぎの際に洗剤を落とし切れず衣類に残ってしまうだけでなく、洗濯槽のカビの原因にもなります。

洗剤は多くても少なくても臭いの原因となってしまうため、必ず規定量を守るようにしましょう。

お風呂の残り湯を使っている

お風呂の残り湯での洗濯は節水や水道代の節約になりますが、残り湯には雑菌が多く含まれています。せっかく洗った洗濯物に雑菌を付着させてしまう可能性があります。

残り湯を使用する場合は、「すすぎ」の工程では水道水を使うようにしましょう。

乾くまでに時間が掛かっている

洗濯物が乾くまでに時間が掛かってしまうと、雑菌が繁殖して嫌な臭いを発生させます。

生乾き臭の原因のモクセラ菌は5時間経った頃から爆発的に増殖するため、衣類をすばやく乾かす工夫が必要です。

洗たく槽が汚れてしまっている

衣類の皮脂汚れや洗剤の溶け残りなどを栄養分として発生する洗濯槽の「カビ」も、臭いの一因です。

一見キレイに見える洗濯槽の裏側にはカビがびっしり付着していることが多く、カビが衣類にうつってしまい嫌な臭が発生することもあります。

服の臭いに対する煮沸消毒の効果とやり方や注意点

煮沸消毒

煮沸消毒とは、80℃以上の熱湯で煮て消毒する方法です。

雑菌は熱に弱いため、衣類を煮沸することで臭いの原因となる菌を除去することができます。家にあるもので簡単にできるうえ、薬剤などを使わないので、赤ちゃんの衣類などにも安心して行えます。

洗濯表示 桶に95は液温は95℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる桶に95は液温は95℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる

水洗い可で温度が80℃以上でも可の場合のみ、煮沸消毒が可能なので、必ず洗濯表示を確認してから行って下さい。

用意する物

  • 洗濯物が入る大きさの鍋
  • 菜箸またはトング
  • ザル

手順

1.鍋に洗濯物が浸かる程度の水を入れ沸騰させます。

2.沸騰したら洗濯物を入れ10分間煮ます。

3.火傷に十分注意しながら、菜箸やトングで洗濯物をザルに取り出します。

4.少し冷まし、洗濯機で脱水のみかけます。

5.脱水が終わったら、風通しの良い所でいつも通り干し、しっかり乾燥させましょう。

注意点

長時間の煮沸は生地を傷めてしまうため、沸騰してから10分程度にしましょう。

臭いに対するスチームアイロンの効果と使い方や注意点

スチームアイロンをかける

スチームアイロンとは、タンクに溜めた水を水蒸気にして噴射し、衣類に水分を含ませながらシワを伸ばすアイロンのことです。

実はこのスチームアイロン、シワ伸ばしだけではなく、臭い取りにも使えます。スチームの細かい粒子が布に付いた臭いを吸着させ、水分が蒸発するときに臭いの成分も一緒に取り除いてくれます。

さらに、スチームアイロンのショット機能を使えば、噴射の勢いで臭いの粒子を飛ばす効果も期待できます。

また、スチームアイロンはご自宅での洗濯ができない衣類などにも使用できるのもメリットです。お出かけ前に、臭いが気になるスーツやコートなどにもすぐに使えて大変便利なアイテムです。

使い方

10cmの範囲を3秒かけて動かすくらいのイメージで、衣類全体へゆっくりたっぷりのスチームをかけましょう。生地からアイロンを1cmほど浮かせ、適度な距離を保ちながら蒸気あてるのがコツです。

注意点

素材によって適した温度がありますので、衣類の素材を確認してアイロンの温度を適正に設定して使用しましょう。

麻・綿  180~210℃の高温

シルク  140~160℃の中温

合成繊維 80~120℃

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました