加齢臭の正しい洗濯方法をクリーニングのプロが解説

加齢臭が気になる男性
coromoe-u

毎日念入りに洗濯しているにも関わらず、加齢臭が残ってしまうことはありませんか?洗濯しても加齢臭が消えないのは、洗濯方法が間違っているのかもしれません。

年齢を重ねると気になってくる加齢臭は、誰にでも起こる体臭の変化です。加齢臭を完全に無くすことはできませんが、正しい洗濯方法で洗濯することで、衣類に付いた加齢臭を取り除くことができます。

加齢臭の成分や臭い原因

加齢臭の主な原因は、皮脂腺の中にある「ノネナール」という臭い物質です。

このノネナールは、体内の活性酸素が皮脂腺の物質と結びついてできます。もともと皮脂腺にはノネナールを抑える抗酸化力が備わっているのですが、40歳前後からこの抗酸化力が低下するため、ノネナールが増加し加齢臭が起こります。

一般的に体臭といわれているのは汗が原因で、汗をかくと皮膚の表面にいる常在菌が汗を分解することで臭いを発生させるため、汗をかかなければ臭いません。

しかし、加齢臭は通常の体臭とは違い、汗をかかなくても臭います。

加齢臭は皮脂の分泌が多いとされる、頭や首の後ろなど皮脂の分泌量が多い場所で発生しやすく、男性だけだとゆうイメージがありますが、女性でも加齢臭は発生します。

女性の場合、加齢とともに抗酸化作用がある女性ホルモンのエストロゲンが低下するのが原因です。

加齢臭の洗濯方法

漂白剤でつけ置き洗い

加齢臭は皮脂やタンパク質が酸化したものなので、酸性の汚れになります。

酸性の汚れを落とすには、反対の性質を持つアルカリ性の洗剤と漂白剤を使用することで繊維についた加齢臭の汚れを浮かせて洗い流すことができます。

酸素系漂白剤の効果をより高めるために、40度程度のぬるま湯を使ってつけ置き洗いをすると効果的です。

洗濯表示 桶に40は液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる桶に40は液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる
洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能桶に手は40℃を限度に手洗い可能
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止桶に×は家庭での洗濯禁止

先ずは洗濯表示を確認し、手洗いのみ可なら最後は手洗いで仕上げ、家庭洗濯禁止の場合はクリーニングに依頼して下さい。

洗濯表示 三角は塩素系及び酸素系の漂白剤を使用可能三角は塩素系及び酸素系の漂白剤を使用可能
洗濯表示 三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止
洗濯表示 三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

同時に漂白剤の使用可否も洗濯表示で確認した上で進めて下さい。

用意する物

  • アルカリ性洗濯洗剤
  • 酸素系漂白剤
  • 洗面器やバケツなどの容器
  • 40度程度のお湯

手順

1.洗面器やバケツなどの容器に40度程度のぬるま湯を張り、酸素系漂白剤を入れよく溶かします。

2.30分~40分ほどつけ置きします。

3.つけ置き後、軽くしぼりアルカリ性の洗濯洗剤を使って通常通り洗濯しましょう。洗濯のすすぎを2回コースに設定して、しっかりとすすぎを行いましょう。

注意点

※アルカリ性はタンパク質を溶かす性質があるため、ウールやシルクなどの動物性の素材は痛めてしまう可能性があるので注意しましょう。

※素材によっては水で洗えないものもあるので、自宅で洗濯可能な衣類なのかを洗濯表示で確認しましょう。

洗濯しても取れない加齢臭はどうする?

洗濯しても取れない加齢臭

何度も洗濯を行っても加齢臭が落ちない場合は、クリーニング店の利用をおすすめします。その際には水洗いかウェットクリーニングを行って下さい。

クリーニングには「ドライクリーニング」と「ウエットクリーニング」があり、ドライクリーニングは水の代わりに専用の有機溶剤を使いますが、この溶剤で落とせるのは油溶性の汚れになります。

加齢臭はドライクリーニングが苦手とする水溶性の汚れのため、ドライクリーニングでは取り除くことができません。

ウェットクリーニングは、本来であれば水洗い不可でドライクリーニングをすべきだった洋服なども、専門的な知識と高度な技術をもって水洗いする方法です。

高い技術を持つクリーニング店であれば、訓練された職人が “専門的な知識”と“高度な技術”で、家庭では落ちない臭いや汚れを取り除くことが可能になります。

また、クリーニング店によっては『汗抜き加工』など、特殊な溶剤を用いて水溶性の汚れを落とすオプションメニューがあります。

クリーニング店に加齢臭が付いていることをきちんと伝え、相談してみてください。自宅で洗うのが難しいと感じたら無理をせずに、高い技術を持つクリーニング店に任せたほうが安心です。

他の洗濯物に加齢臭は移る?

洗濯かごに入った大量の洗濯物

加齢臭がする衣類とは一緒に洗いたくないと、別々に洗っている方もおられるのではないでしょうか。加齢臭は、他の衣類と一緒に洗っただけでは臭いは移りません。

では、どこで加齢臭が移ってしまうのでしょうか。

加齢臭のする衣類を他の洗濯物と同じカゴなどに入れておくことで、臭いが移ってしまう可能性があります。臭いのする衣類と洗濯カゴはできるだけ分け、一緒に置かないようにしましょう。

長時間置いておくと臭いや黄ばみが落ちにくくなりますので、こまめに洗濯するように心がけましょう。すぐに洗えない場合は、脱いだらそのままつけ置きできるよう、バケツなどに酸素系漂白剤で洗浄液を作って準備しておくのもよいでしょう。

加齢臭を抑えるには、入浴時はシャワーで済ませず、湯船に浸かって全身を温めることが効果的です。

加齢臭の原因物質であるノネナールは、皮脂に含まれています。皮脂は油ですから、温めることで毛穴が開き、毛穴の中の皮脂まで落ちやすくなります。

1日1回お風呂でキレイに洗浄したとしても、皮脂は24時間分泌されているため、時間が経つと皮膚の上に出てきます。

加齢臭は皮脂が酸化して発生するので、皮脂や汗をこまめにケアして清潔に保つことが大切です。加齢臭が出やすい、首・耳の後ろ・胸元・お腹・背中を汗拭きシートなどを活用し、小まめに拭き取ることで加齢臭を軽減できます。

加齢臭を完全に無くすことはできませんが、衣服に臭いが移るのを軽減することができます。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました