衣替えと保管方法

プロが教える水洗い不可のニットのお手入れ方法

水洗い不可のニット
coromoe-u

冬に大活躍のニットのお洗濯、ご自宅で洗濯すると縮んだり、ヨレてしまったりとトラブルを起こしてしまいます。

ニットは素材によって洗い方が異なり、水洗いが不可のものもあります。そんな自宅で洗えないニットのお手入れの方法をご紹介します。

水洗い不可表示のニットは自宅では洗えない?

洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止

水洗い不可マークの表示ができないものって本当に洗えないのと疑問思います。この水洗い不可表示(家庭での洗濯禁止表示)は、お家でのお洗濯に向いていない、一般の方には洗濯が難しいというもので、絶対に洗えないという訳ではありません。

ご自宅でもある程度の知識や技術があれば洗濯は可能ですが、縮み・色落ち・毛羽立ちといった衣類のトラブルを起こす可能性が高い事は心得ておきましょう。

縮んでしまう

ウールやカシミヤ、リネン素材といった繊維は水に濡れてしまうと、繊維が絡まってしまい縮んでしまったり、シワになってしまうトラブルが発生します。

色落ちしてしまう

革製品、麻、シルクは色落ちしやすいのが特徴です。ニットなどの衣類に装飾として使われていたりする場合は気を付けましょう。

また、ニットは色移りもしやすいので、ご自宅でお洗濯する際は色落ちしやすいものと一緒にお洗濯するのは避けましょう。

毛羽立ち

キュプラやレーヨン、カシミヤ、ウールは毛羽立ちやすくなっています。

毛玉は簡単に取れますが毛羽立ちは絡み合ってできてしまうので直すことが大変ですしご自身で行うと、風合いを損ねてしまったりもします。

クリーニングを依頼すれば起こる事がないようなトラブルでも、ご自宅のお洗濯では起こってしまう事もあるので、不安な方はプロにお任せする事をおすすめします。

水洗い不可表示のニットお手入れ方法

水洗い不可のニット2

家で洗濯するのは諦めたと思いますが、頻繁にクリーニングに出さずに長く綺麗に使う為のお手入れ方法を紹介するので実践して下さい。

水洗い不可表示の物でも少しのお手入れで長く着用することができます。ポイントを押さえて、大切に着ていきましょう。

毛玉対策にブラッシング

ニットには毛玉がつきものです。

この毛玉は摩擦や静電気が原因で、着用での擦れやバック等こすれて摩擦が発生します。着用回数を減らす為に、1回着たら数日休めて他の洋服を着ましょう。

着用後は衣類用ブラシでブラッシングしてあげる事で、繊維の絡まりが解けて毛玉になりにくいので、必ずやって下さい。

こすりすぎると摩擦でトラブルを起こしてしまう事もあるので、ブラッシングの際は優しく毛並みに合わせて払うのがコツです。毛玉が取れなくなるまで行いましょう。

軽いブラッシングで、付着している汚れが少々は落ちるので、その点でもやって欲しいです。

汗や汚れ対策にスチーマー

着用後のニットはすぐに収納してしまうと汚れを溜めたままにしてしまうので、シミや黄ばみなど衣類のトラブルにつながってしまいます。ニットは動物性の生地が使われる事も多いので、虫食いの原因にもなります。

着用後は、衣類用スチーマーを使って汗が付きやすい襟袖や脇部分の汚れを浮かして優しく拭き取って下さい。(除菌効果や、消臭、防臭効果もあるので3分ほど当ててあげましょう。ゴシゴシ拭くと毛玉の原因になるので優しくタオル等を押し当てて水分を取ると良いです)

スチーマーが無い場合は、水に濡らし強く絞ったタオルで汗が付きやすい襟元・袖・脇を重点的にふき取って下さい。

また、汗や濡れた状態で保管してしまうと、湿気が服や収納に溜まってしまい、カビが生えたりダニの大量発生に繋がる事もあります。

そういう事にならない様に収納前に風通しで干す事も効果的です。型崩れしない様に、太めのハンガーや滑り止め付きハンガーにかけて干し、その後は畳んで保管しておきましょう。

シミが出来たらすぐに染み抜きをする

シミが出来たら放置せずに直ぐに染み抜きをしましょう。

ニットのシミを放置してしまうと繊維の奥深くまで定着してしまい、クリーニング店でも落とせない事があります。ご自宅で行う場合は、ニットのシミは揉み洗い厳禁、つまみ洗いで行いましょう。

素材によってはご自宅では染み抜きできないものもあります。カシミヤやアンゴラなどのニットの染み抜きはクリーニング店に相談しましょう。

消臭スプレーは要注意

消臭スプレーは臭いを消してくれて便利ですが、ニットの種類によっては脇汗やシミが浮き出てきてしまう原因になります。また、水洗い禁止のニットにスプレーでたっぷり水分を吹きかけると、洗濯したリスク程ではありませんが、何らかのトラブルに発展する事もあります。

それに、消臭スプレーは臭いを元から取ることが出来ず、汚れがどんどん蓄積していき、余計に臭い状態になる事も多々あります。

匂いが気になる場合もスチーマーを利用するか、干して風通しを行う方が良いでしょう。それでも取れない場合はクリーニングに依頼する方が安全です。

日頃のお手入れを忘れずしつつ、定期的にクリーニングに出して汚れを落としケアをしてあげる事で、大切なニットを長持ちさせる事ができます。ご自宅でのお洗濯不安がある方や、落ちないシミがあるときは無理して洗おうとせず、プロにご相談することをおすすめします。

coromoeでは高級ニットや水洗い禁止のニット等も安心してクリーニング可能ですので、ぜひご相談下さい。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました