服や洗濯物の臭いが洗っても取れない時の原因と対処法

衣類の臭い対策
coromoe-u

洗濯物に残ってしまう臭いの問題を解決するためには、臭いの原因をしっかり取り除くことが大切です。服が臭くなる原因を理解し、洗濯物の嫌な臭いをすっきり落とましょう。

服や洗濯物を洗っても臭いが取れない原因

洗っても臭いが取れない場合、次のような原因が考えられます。

1.汚れが落としきれていない

衣類の汚れには、食べこぼしなど目に見える汚れ以外にも、汗や皮脂汚れのように繊維の奥まで入り込んでしまう汚れもあります。

しっかり洗濯したつもりでも、一回の洗濯だけでは汚れが落とし切れずに細かい繊維の奥に残っていると、皮脂や汗に含まれるタンパク質などを栄養源に雑菌が繁殖し臭いを発します。

2.乾燥不足

雑菌は湿気を好むため、濡れた状態の洗濯物は臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。

洗濯物をしっかり乾かせていないと雑菌はみるみる繁殖し、臭いの成分を発生させてしまいます。洗濯物を取り込むときは、しっかりと乾いているか確認することが大切です。

また雑菌は、5時間経った頃から爆発的に繁殖するため、洗濯物が乾くのに時間が掛かってしまう、「梅雨時期」や「部屋干し」も要注意です。

3.洗濯槽の汚れ

汚れを栄養分として発生する洗濯槽の「カビ」も、臭いの一因です。

洗濯槽には皮脂汚れや洗剤の溶け残りなどの汚れが付着しています。洗濯槽は水分が多い場所でもあるため、カビの温床といえます。洗濯槽の表面はきれいに見えても、目の届かない裏側にはカビや雑菌がびっしり付着している可能性があります。

そのまま放置してしまうと、せっかく洗った洗濯物にカビが付着して、臭いを発生させることもあります。

雑菌は、温度や湿度、栄養分、水分などの条件が揃うことで爆発的に繁殖します。一度繁殖してしまった雑菌は簡単に消せるものではなく、数が増えるごとにバリア状に積み重なって強力になっていきます。

洗濯機に原因がある場合の対処法

洗濯機の槽洗浄や桶の洗浄

洗濯物が何度洗っても臭う。そんな時は、洗濯槽のカビが原因かもしれません。

洗剤カス、ヌメリ、雑菌などが複雑にからみ合った洗濯槽のカビには、洗濯槽専用のお手入れが必要です。ご家庭によって洗濯機の使用状況は異なりますが、月に1回は洗濯槽の掃除を行い、洗濯槽内部を常に清潔な状態に保ちましょう。

洗濯槽以外にも、こまめに掃除したほうがよいパーツがたくさんあります。糸くずフィルター・ゴミ取りネット・洗濯槽のフチ・乾燥フィルター・排水口や排水ホース・洗剤投入口などのお手入れも、小まめに行うようにしましょう。

また、洗濯機の中は湿気がこもりやすいため、洗濯機のフタを閉めていたり、洗う前の洗濯物を入れっぱなしにしていることでも、カビや雑菌が繁殖します。

洗濯が終わった後は、洗濯機の蓋を開けて内部をしっかりと乾燥させ、洗濯槽を洗濯カゴとして使わないようにしましょう。

洗濯機に原因が無い場合の対処法

生乾き臭で臭い部屋干しの洗濯物

洗濯機に原因が無い場合は、洗濯物が臭くなる一番の原因である雑菌を防ぐことが大切です。毎日のちょっとした心がけで洗濯物の嫌な臭いを防止することができますので、いつもの洗濯方法を見直してみてください。

1.アルカリ性の洗剤に変えてみる

洗っても臭いが取れない場合は、洗浄効果の高い弱アルカリ性の洗剤に変えてみましょう。

弱アルカリ性の洗剤は洗浄効果が高く、汗や皮脂などの汚れをしっかりと落としてくれます。また、酸素系漂白剤でのつけ置き洗いも効果的です。

色柄物や素材によっては不向きな場合もあるため洗濯表示を確認し、用途に応じて使用しましょう。

2.すぐに洗って・すぐに干す

汚れた洗濯物を溜めていると、臭いの原因となる菌が増殖してしまいます。また、洗い終えた洗濯物をすぐに干さずに放置してしまう事でも、雑菌が繁殖しやすくなります。

洗濯物はできるだけ溜めずにこまめに洗濯を行い、洗いあがった洗濯物はすぐに干すよう心がけましょう。部屋干しでも上手な干し方を覚えたら、生乾き臭が出ない様に乾くので、以下の記事を参考にして下さい。

3.お湯で洗う

水よりもお湯を使うことで、臭いの原因となる汗や皮脂汚れがよく落ちます。特に冬場は水温が低くいため、洗浄力が低下してしまいます。

洗濯表示 桶に60は液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる桶に60は液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる

衣類の素材によっては、お湯での洗濯を避けた方が良い場合があります。洗濯前に必ず衣類の洗濯表示を確認しましょう。

桶の中にある数字を見て下さい。この数字が液温の上限となっているので、その上限を超えない様なお湯を使いましょう。

4.酸素系漂白剤を使う

洗濯表示 三角は塩素系及び酸素系の漂白剤を使用可能三角は塩素系及び酸素系の漂白剤を使用可能
洗濯表示 三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止
洗濯表示 三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

先ずは洗濯表示を確認し、漂白剤が使用可能か、どのタイプなら使用可能かを確認しましょう。

臭いの防止や、すでについてしまった臭いには、酸素系漂白剤が役立ちます。40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を適量入れ、20~30分程度つけ置きしましょう。つけ置き後は普段通り洗濯機で洗い、風通しの良い場所でしっかり乾かしてください。

酸素系漂白剤は塩素系漂白剤と比べると漂白力は劣りますが、白物以外の色柄物にも使えるためおすすめです。

5.乾燥機を使う

洗濯表示 四角に丸と1つの点は排気温度上限60℃の低い温度でタンブル乾燥可能四角に丸と1つの点は排気温度上限60℃の低い温度でタンブル乾燥可能
洗濯表示 四角に丸と2つの点は排気温度上限80℃でタンブル乾燥可能四角に丸と2つの点は排気温度上限80℃でタンブル乾燥可能
洗濯表示 四角に丸と×はタンブル乾燥禁止四角に丸と×はタンブル乾燥禁止

乾燥機の使用も、臭い防止効果が期待できます。こちらも使用前に洗濯表示を確認しておきましょう。

雑菌は湿った環境でより活発に繁殖します。洗濯後すぐに乾燥機を使うことにより高温殺菌することができ、菌の繁殖を防ぐことができます。

とくに洗濯物が乾きにくい梅雨時期や、気温が低い冬などは乾燥機を上手に活用して、できるだけ早く乾かしましょう。

洗濯物が多い場合は、家庭用よりサイズが大きくパワーもあるコインランドリーの乾燥機を使うのも良いでしょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました