染み抜きやシミ取り方法

尿染みのシミ抜きや落とし方をクリーニングのプロが解説

赤ちゃんのおねしょで尿染みができる
coromoe-u

尿漏れや、小さなお子さんのおねしょで衣類にシミやにおいが残ってしまい、困っている方は多いのではないでしょうか。

大切な衣類にシミを残さないために、正しいシミ抜き方法を覚えておけばあわてずに対処できますので、ぜひ参考にしてください。

尿染みの成分とシミが取れない理由

尿漏れで衣類にシミや臭いが残るのは、尿に含まれるたんぱく質などの汚れ成分や、汚れに作用して臭い物質を生み出す菌が原因です。

尿のシミは、水に溶けやすい「水溶性」のシミになるため、ついたばかりであれば水洗いで落とすことが出来ます。

そのため、すぐに洗い流して洗濯機で洗えば、十分に汚れを取り除くことが可能ですが、時間が経ってしまうと繊維に定着し、黄色く変色して非常に落ちにくいシミに変化してしまいます。

また、突発的なおもらしは比較的に簡単に落とすことができますが、じわじわと付いた尿漏れはシミ抜きが困難で、シミの落ち方が全く異なります。

尿染みの染み抜き方法

漂白剤でつけ置き洗い

尿染みが出来て間もない黄色く変色し定着する前なら、通常の洗濯でも綺麗に落とせますが、時間が経った場合は染み抜きが必要です。先ずは洗濯表示を確認しましょう。

洗濯表示 桶に60は液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる桶に60は液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる
洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能桶に手は40℃を限度に手洗い可能
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止桶に×は家庭での洗濯禁止

尿染みの染み抜き手順

普通に洗濯しただけでは落ちない尿の黄ばみには、漂白剤を使用しましょう。

漂白剤は繊維の中に染み込んだシミの色素を分解し、臭いの原因菌を落とします。酸素系漂白剤であれば、色柄物にも安心して使うことができます。

漂白剤での尿染みの染み抜き手順

用意する物

  • 液体酸素系漂白剤
  • 洗面器やバケツなどの容器
  • 歯ブラシまたは綿棒

漂白剤を使う場合は以下の洗濯表示も確認して下さい。

洗濯表示 三角は塩素系及び酸素系の漂白剤を使用可能三角は塩素系及び酸素系の漂白剤を使用可能
洗濯表示 三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止
洗濯表示 三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

使用可能であっても、色落ちしないかどうか、衣類の目立たないところで確認してからシミ抜きを行いましょう。

1.シミの裏側にタオルを置きます。

2.シミ部分に液体酸素系漂白剤をかけ、歯ブラシや綿棒でシミをトントンと軽く叩きます。

3.そのまま5~10分放置します。

4.洗面器やバケツなどの容器に40℃程度のお湯を入れ、液体酸素系漂白剤を規定量溶かし、30分~2時間ほどつけ置きします。※2時間以上のつけ置きは衣類を傷めたり、色落ちの原因となりますので注意しましょう。

5.最後に、衣類の洗濯表示に合った洗濯方法で洗濯をします。洗濯機が使える衣類であれば、そのまま洗濯機に入れて通常通り洗濯をしましょう。

注意点

尿のシミ抜きには必ず40℃以下のお湯を使いましょう。熱湯でのシミ抜きは尿の成分が固まり、シミが落ちにくくなってしまいますので注意しましょう。

セスキ炭酸ソーダでの尿染みの染み抜き手順

尿のシミが取れにくいのは、尿に含まれるタンパク質が固まってしまっているためです。

このタンパク質を分解する力が強い、アルカリ剤の一種であるセスキ炭酸ソーダは、重曹に炭酸塩を加えたもので、重曹よりも粒子が細かく、水に溶けやすいという利点を持っています。

洗浄力に対して、セスキ炭酸ソーダは肌への刺激が穏やかなのも魅力です。

用意する物

  • セスキ炭酸ソーダ
  • クエン酸
  • スプレーボトル
  • 歯ブラシ

1.スプレーボトルに水500ml、セスキ炭酸ソーダを小さじ1杯を加えてよく混ぜます。

2.シミ部分に溶液をたっぷりとスプレーします。

3.10分~20分程度放置して、水ですすぎます。

4.水200mlに対してクエン酸小さじ1杯を溶かし、歯ブラシでシミ部分に叩き込みます。

5.シミが落ちたら、ぬるま湯でよくすすぎます。

6.最後に、衣類の洗濯表示に合った洗濯方法で洗濯をします。洗濯機が使える衣類であれば、そのまま洗濯機に入れて通常通り洗濯をしましょう。

お酢での尿染みの染み抜き手順

色落ちが心配な衣類や、デリケートな素材にはお酢を使ったシミ抜き方法がおすすめです。お酢は酸性のため、アルカリ性の尿の汚れだけでなく、臭いもしっかり落とすことができます。

お酢は揮発性なので、蒸発すればお酢の臭いは気にならなくなりますので、洗えないカーペットやソファーなどにも使えます。

用意する物

  • お酢
  • スプレーボトル
  • タオルまたはキッチンペーパー

お酢でのシミ抜き手順

1.スプレーボトルに、お酢と水を1:2の割合で入れます。

2.シミ部分にたっぷりと振りかけ、タオルやキッチンペーパーで水分を拭き取ります。

3.尿のシミが取れるまで繰り返しましょう。

4.シミ、臭いがとれたら、天日干ししてしっかり乾かしましょう。

自宅で落ちないシミやデリケートな素材、大切なお洋服の場合は、無理をせずにできるだけ早めに信頼できるプロのクリーニング店に相談しましょう。

その際、尿が原因であることを伝え、それに合った対応をしてもらいましょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました