Tシャツのシワにならない洗濯とアイロンや伸ばし方

シャツ
coromoe-u

タイトなTシャツがおしゃれな季節がやってきました。

しかし、洗濯とアイロンが適切でないとお気に入りのTシャツはすぐにシワだらけになってしまうかもしれません。

そこで、Tシャツのシワを防ぐ洗濯方法やアイロン、そして効果的な伸ばし方について詳しくご紹介します。

大切なTシャツを長く美しく着るためのヒントをぜひ参考にしてください。

Tシャツがシワシワになる原因

Tシャツがシワシワのまま着用していると、みっともない印象を持たれるかもしれません。

そのシワを防ぐためには、洗濯の仕方と干し方に注意する必要があります。これから、Tシャツがシワになる主な原因とそれに対する対策について説明していきます。

■そのまま洗濯機に入れる

Tシャツをそのまま洗濯機に入れると、他の衣類と擦れたり絡まることでシワができやすくなります。

■柔軟剤を使わない

柔軟剤は衣類を柔らかくする効果があるため、洗濯時の絡まりなどシワになりづらい状態にすることができます。

洗濯機にたくさん洗濯物を入れる

洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎると、衣類同士がこすれてシワができやすくなります。適切な量を守りつつ洗濯するようにしましょう。

洗濯機から取り出したまま干す

洗濯後の干し方もTシャツのシワを左右する重要な要素です。

洗濯機から取り出したシワシワのTシャツを干しても、勿論シワが残った状態で乾くことになります。

Tシャツを取り出したら、両手でTシャツを挟み、軽く叩くことでシワを伸び、仕上がりが綺麗になります。特に肩や袖口、裾などの部分に気を付けて伸ばすことを意識しましょう。

シワにならないTシャツの洗濯方法

Tシャツの美しい状態を長く維持するためには、適切な洗濯方法が不可欠です。ここでは、シワを防ぐための効果的な洗濯方法をいくつか紹介いたします。

ポイント
  • 洗濯ネットに入れる
  • 柔軟剤を使用する
  • 脱水のしすぎに注意する

■洗濯ネットに入れる

Tシャツを洗濯ネットに入れることで、摩擦や引っかかりを軽減できます。他の衣類との接触を最小限にするため、Tシャツの繊維を守りながら洗濯することができるため、Tシャツがシワになるのを防ぐための強力な味方です。

■柔軟剤を使用する

適切な量の柔軟剤を使用することで、Tシャツの繊維を柔らかく保ちます。柔軟剤は繊維同士の摩擦を減少させ、シワができにくくなる助けとなります。

ただし、過剰な量の使用は逆効果となる可能性があるため、適切な分量を守ることが大切。

■脱水のしすぎに注意

洗濯機の脱水は、遠心力によって衣類に圧がかかるため、Tシャツの繊維を傷つける可能性があります。適切な脱水設定を選び、繊維に過度な負担がかからないように注意しましょう。

Tシャツをシワにならないように保つためには、これらの洗濯方法を組み合わせて利用することがおすすめです。

シワにならないTシャツの乾燥機や干し方

干す

洗濯が終わったら、Tシャツを入れっぱなしにせずにすぐに干しましょう。

スペースに余裕がある場合は平干しすることが効果的です。平干し専用のネットに干すことでシワにならず、綺麗に乾燥させることができます。

【平干し専用ネット】

平干しネット吊下げタイプ

ハンガーにかけて干す際は、ハンガーの形がTシャツに付かないように肩部分が太めになっているハンガーを使い、風通しの良い場所を選ぶことで自然な形に乾燥しやすくなります。

乾燥機にかける際は、必ずTシャツを洗濯ネットから取り出し、Tシャツを丁寧に広げて形を整えます。

Tシャツのアイロンの掛け方やコツ

アイロンがけ

一般的なTシャツは、左右方向に伸縮性があり、一方で上下方向にはあまり伸びない設計となっています。

この特性は、側面から袖にかけての縫い目が伸縮性を提供し、身体に適切にフィットする一方で、上下方向の縫い目が直線的であるために生まれています。

Tシャツのアイロン掛けでの注意点

そんなTシャツのアイロン掛けで、注意点してほしい点が3つあります。

  • 当て布を使用する
  • 裏返してアイロンをかける
  • 適切な温度設定にする

①当て布を使用する

Tシャツの素材によっては、直接アイロンをかけるとテカリや光沢が生じ、白っぽく変色することがあります。このような場合は、アイロンとTシャツの間に薄い布を挟むことでダメージを防ぐことができます。

②裏返してアイロンをかける

Tシャツをアイロンで仕上げる際には、できるだけ裏返してアイロンをかけることをおすすめします。これにより、Tシャツの表面に直接熱が加わることを防ぎ、素材の特性を損なうリスクを軽減します。

③適切な温度設定にする

Tシャツの素材によっては高温のアイロンをかけると溶けてしまい、縮んでしまうことがあります。素材の洗濯タグを確認し適切な温度設定を選ぶことで、このリスクを最小限に抑えることができます。

Tシャツのアイロン掛けは慎重に行う必要があります。素材やプリント、温度設定に注意を払いつつ、Tシャツの美しい状態を保ちながらシワを取り除く工程を行いましょう。

Tシャツのアイロン掛けのやり方や順番

用意するもの
  • スチームアイロン
  • アイロン台
  • 当て布

アイロンをかける順番はこちらです。

左右の袖にアイロンをかける
後身頃を首から裾に向かってアイロンをかける
前身頃を首から裾に向かってアイロンをかける
シワが残っていないか全体的に確認する
ハンガーにかける

Tシャツのシワがアイロン掛けで取れない時の対処法

アイロンのスチームだけでは取れない頑固なシワには、軽く水をかけることで繊維が潤いを取り込み、シワが緩和されます。

霧吹きボトルを使用して、細かい水滴を均一にかけるように心掛けましょう。その後、アイロンを再度当てることによってシワを取り除くことができます。

アイロンをかけないTシャツのシワの取り方や伸ばし方

ビジネスマン男の子

アイロンを使わずに、Tシャツのシワを効果的に取り除く方法はいくつかあります。以下に、その方法を紹介します。

■お風呂の蒸気

お風呂を準備して湯気が立ちこめる状態にした後、Tシャツをハンガーにかけて浴室に吊るし、湯気の中に放置します。

湯気によって繊維が柔らかくなり、シワが伸びやすくなるため、Tシャツの表面を軽く引っ張ったり整えたりして、シワを取り除くことができます。

■シワ防止スプレーを使う

ドラッグストアなどに市販されているシワ防止スプレーを使用することで、Tシャツのシワを緩和することができます。スプレーをシワが気になる部分に均一にかけ、その後軽く引っ張って伸ばし、しっかり乾燥させましょう。

これらの方法は、アイロンを使用せずにTシャツのシワを取り除くための有効な手段です。

シャツの素材や状態によっても適切な方法は異なるかもしれませんので、試しながら自分に合った方法を見つけることをおすすめします。

Tシャツがシワにならない収納保管のコツ

干す

お気に入りのTシャツを美しい状態で保つためには、収納と保管の方法にも注意を払うことが大切です。以下に、Tシャツがシワにならない収納保管のコツを紹介します。

■ゆとりを持って保管する

Tシャツを収納する際には、隣の衣類との間にゆとりを持たせることが重要です。衣類同士が密着することでシワができる可能性が高まるため、Tシャツ同士の空間を確保するように心掛けましょう。

■衣類の素材に合わせる

シャツを収納する方法は、素材によって畳んで収納するか、ハンガーにかけて収納するか判断することがおすすめです。

Tシャツを畳む際には、小さくしすぎずに形を揃えて畳むことがポイントです。

繊細な素材のTシャツは、小さく畳むことで繊維が圧迫され、シワができる可能性があるため丁寧に形を整えながら畳むことで、シワを防ぎましょう。

ハンガーを使用する場合は、Tシャツの形状を保つことが大切です。

肩の部分をハンガーにかける際には、過度な引っ張りや歪みを避けて注意深くかけるようにしましょう。また、ハンガーの間隔を広めにとることで、シワを防ぐことができます。

Tシャツを美しい状態で収納保管するためには、形を整えることや素材に合わせた方法の選択が大切です。シワを防ぎながら長く愛用するために、収納方法にも注意を払いましょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました