染み抜きやシミ取り方法

プロが教えるキャンバス生地の洗濯方法とクリーニング

キャンバスバッグ
coromoe-u

キャンバス生地は、丈夫さとナチュラルな風合いから、さまざまなアイテムに活用されます。ですが、正しい洗濯方法やクリーニングを知らずに取り扱うと、シワだらけになったり耐久性が損なわれる可能性があります。この記事では、キャンバス生地の正しい洗濯方法とクリーニングについて詳しく解説します。

キャンバス生地の洗濯の際の注意点やリスク

キャンバス生地は帆布(はんぷ)とも呼ばれ、木綿や麻などの自然繊維を主成分おり、強度がありながらも柔軟性・耐久性に優れています。とても便利なアイテムですが、使用頻度が多いと表面や持ち手部分に汚れが蓄積されます。

自宅で洗濯をしたときに、誤った洗濯方法だと以下のようなリスクが起きる可能性があります。

  • 縮む
  • シワができる
  • 色が変色する(黄ばみ)

キャンパス生地の洗濯方法

自宅で洗濯できるキャンバス生地の洗濯表示

自宅で洗濯をする前に、必ず洗濯タグの確認をしましょう。

洗濯表示 桶に30下に横棒1本は液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
洗濯表示 桶に40下に横棒1本は液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる.40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる.
洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能手洗い可能
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止家庭での洗濯禁止

キャンバス生地の洗濯におすすめの洗剤

キャンバス生地を効果的に洗濯するためは、中性洗剤もしくはおしゃれ着洗剤を使用しましょう。中性洗剤やおしゃれ着洗剤は、アルカリ性や酸性が強い洗剤よりも繊維に優しく洗い上げることができます。

エマール:公式■エマール

ダメージリペア技術で、キャンバス生地のヨレた繊維を
内側から補修します。
アクロン:公式■アクロン

すすぎ1回OKで、シワ・ヨレ、形崩れなどをケアしながら
優しく洗い上げます。

キャンバス生地の手洗い方法

キャンバス生地の洗濯は、「部分洗い」と「全体洗い」を状況に合わせて行い、生地への負担をなるべく軽減させましょう。

部分的に洗う場合

歯ブラシか布に薄めた中性洗剤をつける
気になる箇所を軽く擦る
濡れタオルで洗剤を拭きとる

全体的に洗う場合

タライにぬるま湯と中性洗剤を入れる
押し洗いする

汚れがひどい箇所は歯ブラシで軽く擦る

水ですすぐ
タオルで水気を取る

キャンバス生地を洗濯機で洗う方法

基本的に手洗いを推奨しますが、絶対に洗濯機を使用できないというわけではありません。ですが、洗濯機で洗った場合、繊維への負担が大きくシワや縮みの原因となる可能性があるので、以下の注意点を知っておきましょう。

  • 手洗いコースを選ぶ
  • 脱水しない(シワ防止のため)

キャンバス生地の漂白方法と注意点

漂白剤は、主に2種類あります。それぞれ異なる特性や効果を持っており、適切に使い分けることが重要です。

塩素系漂白剤

非常に強力な洗浄力がある。注意点として、塩素系漂白剤は色柄がある生地に使用すると、その色まで落としてしまう可能性があります。

酸素系漂白剤

生地本来の色柄を残しつつ、汚れを漂白することができる。塩素系漂白剤よりは洗浄力は落ちるが、通常の汚れならば十分にきれいに落とすことが可能。色付きや柄があるキャンバス生地の漂白に適している。

生地に残った汚れや油分が漂白効果を妨げることがあるため、漂白剤を使用する前には予洗いを行い、洗剤で取れる汚れは事前に落としておくことが重要です。また、漂白剤が残ったまま放置すると、紫外線の影響により生地が変色し黄ばんでしまう恐れがあるため、しっかりすすぐようにしょう。

色移りなど変色したキャンバス生地の対処法

用意するもの
  • 固形石鹸
  • 歯ブラシ
  • 洗面器
  • ぬるま湯
  • 液体の酸素系漂白剤
色移りしている部分を濡らして、固形石鹸をつける
歯ブラシで軽く擦り洗いをする
一旦洗い流して落ち具合を確認する
まだ残っている場合、洗面器に水をはり酸素系漂白剤を溶かす
 30分ほどつけ置きする
すすぐ
タオルに挟んで水気を取り除き、風通しの良いところに干す

キャンバス生地に生えたカビ取り方法

カビが発生する原因は、以下のことがあげられます。

  • 高湿度
  • 水のシミや汚れ
  • 不適切な保管
  • 不十分な洗濯・乾燥
  • 悪天候の影響

【白カビを取り除く方法】

乾いた布や柔らかいブラシで軽く叩いて取り除きます。カビが広がるのを防ぐため、なるべく屋外でマスクや手袋の着用をおすすめします。

繁殖を抑えるために、アルコールスプレーをかけて、カビの繁殖源を除去します。使用する際は生地の耐性を確認し、色落ちや変色のリスクがないか確認しましょう。

【黒カビを取り除く方法】

適量の酸素系漂白剤を水に溶かし、キャンバス生地を30分から1時間程度放置しつけ置きした後、柔らかいブラシで軽く擦って黒カビを落としましょう。

キャンバス生地の黄ばみを洗濯で落とす方法

中性洗剤、洗ネットを用意する
汚れが目立つ箇所は事前に部分洗いをする

歯ブラシを使い優しくこすり洗いする

洗濯モードは「手洗いモード」を選択

表面にプリントがあれば裏返して洗濯ネットに入れる

キャンバス生地の洗濯後の乾燥や干し方

キャンバスバッグ
シワを伸ばす

生地を引っ張ったり、軽く叩いて出来るだけシワを取る

※生地を斜めに引っ張ると歪みが生じる可能性があるため注意

広げて干す

生地同士が触れたまま干さないように注意

日陰に干す

風通しが良い場所に干すことでカビ防止にもなる

キャンバス生地の洗濯後のアイロンやシワの伸ばし方

キャンバス生地の製品は、綿が含まれていることが多いので、スチームアイロンを使用することで、シワを効果的に取り除くことができます。

アイロンを適切な温度に設定

洗濯タグの表示に沿って温度を設定する

シワにスチームアイロンを当てる

生地から大体5㎝ほど離す

プリントあり:裏返して裏側からアイロンをかける

初めての洗濯の場合、念のため当て布を使用することをおすすめします。

乾かす

湿ったまま放置すると、新たなシワやカビが発生する可能性があるため注意

キャンバス生地のお手入れや汚れ防止方法

ドライクリーニングマーク洗濯2

【お手入れ】

  • 消しゴムを使う
  • 目立つ汚れはすぐに部分洗い

軽くこするだけでも、汚れやシミが取れることがあります。ただし、消しゴムを使用する際は、優しく軽い力で行い、生地を傷つけないように注意しましょう。時間が経つと汚れが落としづらくなるので、早めに対処してください。

【汚れ防止方法】

  • 防水スプレー
  • 防臭スプレー
  • 専門店で防水加工

雨や水、臭いなどの染み込みを防ぐために、キャンバス製品には事前に防水・防臭スプレーを吹きかけておくことをおすすめします。また、ハイブランドのキャンバス製品などであれば、専門店で特殊なコーティングを行うと良いでしょう。

キャンバス生地を柔らかくする方法

色柄物と白物を一緒につけ置き洗い

キャンバス生地を柔らかくしたいときは「水通し」を行いましょう。水通しは帆布を水に浸し、時間をかけて生地をやわらかくする効果があります。以下の手順に従って水通しを行ってみましょう。

タライなどに水をはる

帆布を完全に浸す程度

帆布を水に浸し、2時間以上放置
手で帆布をしぼる

脱水機は使用しない

シワを取る

生地を引っ張ったり、軽く叩いて出来るだけシワを取る

※生地を斜めに引っ張ると歪みが生じる可能性があるため注意

日陰に干す

キャンバス生地のクリーニング

クリーニング店の女性

自宅で洗濯するのに抵抗あるという方は、プロにお任せしましょう。

トラブルを避けるためにも、クリーニング前に製品の状態をスタッフの方と一緒に確認し、特に装飾で革部分がある際は、傷や変色がないかを注意深くチェックすることをおすすめします。

【キャンバス生地のクリーニング料金相場】

一般的なキャンバス製品のクリーニング相場は、3,000円~8,000円程度でハイブランドの製品の場合は、これより高くなることがあります。

クリーニング業者によっては、特定の製品や素材に対して異なるクリーニング方法や料金設定を行っているので、クリーニング方法や料金についても事前に確認し、納得のいくサービスを選ぶようにしましょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました