デニムの洗濯後のシワの伸ばし方やアイロンの掛け方

デニム女性
coromoe-u

デニムは、そのクールでカジュアルな魅力から、多くの人々に愛されるファッションアイテムです。しかしながら、洗濯後に生じるシワは、デニムの美しい風合いを損なう要素となることがあります。

ここでは、デニムの洗濯後に生じたシワを効果的に伸ばす方法や、アイロンを使った適切な掛け方について解説いたします。

デニムのアイロン掛けでの注意点やリスク

デニムをアイロン掛けする際には、適切な方法と注意点を守ることが重要です。デニムの風合いを損なうことなく、シワを取り除き、美しい仕上がりを実現するためには、以下の注意点に留意する必要があります。

  • 縮み
  • 色落ちやテカリ

縮み

デニムは厚手の素材であるため、熱に敏感です。したがって、アイロンを使う際には、適切な温度設定を行うことが重要です。高温のアイロンを使用すると、デニムが焦げたり縮む恐れがあります。生地のラベルや製造元の指示に従い、適切な温度設定を選ぶようにしましょう。

色落ちやテカリ

デニムはデリケートな染料や加工が施されていることがあります。アイロンをかける際には、直接生地に触れることを避け、布やタオルなどの間に挟んでアイロンを掛けると良いでしょう。

これにより、デニムの表面に直接熱が加わることを防ぎ、染料や加工の劣化を最小限に抑えることができます。

さらに、デニムの特徴であるシワやウェア加工を活かすために、完全にシワを取り除く必要はありません。あくまで自然な風合いを残しつつ、シワを目立たなくすることを目指しましょう。アイロンの掛け方には、デニムのシルエットやデザインに合わせた工夫が求められます。

デニムのシワの伸ばし方やアイロンの掛け方

全体のアイロン掛け(スチームアイロン)

アイロンは中温で設定する
デニムを裏返しアイロン台に履かせるように置く
お尻・腰回りをアイロンかける

凸凹して当てづらい箇所は蒸気を当てたあと引っ張ってシワを伸ばす

片足ずつアイロンをかける

アイロンを素早く動かすことがポイント

もう片方を、ステップ2.3繰り返す

膝が伸びているのを戻すアイロン掛け

アイロンは中温で設定する
アイロン台の中心にデニムの膝部分を置く
手アイロンでシワを膝の部分に寄せる

裾側からも寄せる

たるみの両端からアイロンを当てる
小さくなったシワにゆっくりアイロンを当てる

裏返しにせずアイロンを当てる際は、当て布を使用することをおすすめします。

シワが取れないデニムはクリーニングで取れるか?

デニム

デニムをシャープに仕上げるためには、シワを取り除く必要がありますが、自宅での処理が難しい場合や完璧にシワを取りたい場合には、クリーニング店の利用が一つの選択肢となります。

クリーニング店は、専用のプレス機やスチームでプロフェッショナルな技術と経験を活かして、デニムをシャープで美しい状態に戻してくれます。

デニムのシワ取りサービスの相場は一般的に500円から1,000円程度ですが、店舗や地域によって価格は異なる場合もあります。シワの状態や処理の難易度によっても価格は変動することがありますので、具体的な料金については事前にクリーニング店にお問い合わせいただくことをおすすめします。

デニムの素材や加工方法によっては、完全にシワを取り除くことが難しい場合もあります。事前に相談をして、実際に処理を依頼する前に注意しておくことが重要です。

■クリーニング店へ持って行く前に確認すること

  • ポケットの中身を確認する
  • 事前にほつれや、破れがないか(タグやダメージ部分も)
  • 色落ちや縮みが気になる箇所を事前に相談する
  • ほつれや破れを事前に店員さんへ申告しておく

ポケットの中身を確認する

頻繁に洗濯をしないからこそ、デニムのポケットには様々なものが入っている可能性があります。クリーニングの際、ポケットの中身が洗濯機や乾燥機で破損したり、他の衣類に影響を及ぼしたりすることを避けるため、事前にポケットを確認しましょう。

紙幣、小銭、キー、ペン、ハンカチなど、ポケットに入っているものを取り出しておきます。

事前にほつれや、破れがないか(タグやダメージ部分も)

デニムのほつれや破れがあると、クリーニングプロセスで更なる損傷が生じる可能性があります。そのため、デニムのすべての部位を注意深くチェックしましょう。特に、ポケットの周囲や裾、ベルトループなど、耐久性が低い箇所を重点的に確認します。

もしほつれや破れを見つけた場合は、クリーニング店のスタッフに申告しておくことで、処理方法や注意点について相談することができます。

色落ちや縮みが気になる箇所を事前に相談する

デニムは洗濯やクリーニングによって色落ちや縮みが生じる可能性があります。特に濃い色のデニムや染め加工が施されたデニムは注意が必要です。

クリーニング店のスタッフに、色落ちや縮みが気になる箇所について相談しましょう。適切な処理方法や注意点を教えてもらうことで、デニムの色やサイズを維持しつつクリーニングすることができます。

デニムがシワにならない畳み方や保管方法

デニム

デニムの生地は分厚めなので、なるべく平に畳むことを心掛けましょう。

床にデニムを広げシワを手アイロンで伸ばす
両足を重ねて折る
股部分を折り込み長方形の形にする
三つ折りに畳む

こちらの畳み方は、シワになりづらいことはもちろんのことコンパクトに収納することもできます。また、どうしてもシワを付けたくない場合はボトムスハンガーにかけて保管することをおすすめします。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました