失敗しない衣替えでのダウンの正しい洗濯と収納方法

ダウン収納と洗濯
coromoe-u

ダウンは寒い冬に毎日着用するので、シーズン中は洗濯をしない方も多いです。衣替えではしっかり溜まった汚れを落としきる事が大切です。

しかし、ダウンは洗濯に失敗しやすく、収納中にもトラブルを起こしやすく、着れない状態になってしまう事も多々あります。

今回はそういう事にならない様に、自宅でのダウンの正しい洗濯方法と、収納方法を紹介します。

衣替え時のダウンの洗濯方法

ダウンを自宅で洗濯する際の基本的な洗濯方法は以下の手順です。

洗濯表示を確認する

ダウンを洗濯する際に確認しておくべきことは水洗いが可能かどうかです。先ずは洗濯表示を確認してみましょう。

洗濯表示 桶に30は液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる数字までの温度で洗濯機可
洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能手洗い可
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止家庭洗濯禁止(水洗い禁止)

家庭洗濯禁止表示のダウンを洗ってしまうと、ぺちゃんこになったり、中の羽や綿が偏ったり、シームレスダウンの接着部分が剥がれたりと、取り返しのつかない大きなトラブルが起きる可能性が高いので、クリーニングに依頼しましょう。

洗濯でトラブルが起きやすいダウンなので、クリーニング店もドライクリーニングのみ可だったり、高級ダウンは受け付け不可だったりします。

ドライクリーニングでは汗汚れ等の水溶性の汚れは落ちずに溜まっていく一方なので、衣替えで保管前は必ず水洗いをおすすめします。

水洗い不可の場合はウェットクリーニング可能な業者へ依頼しましょう。ウェットクリーニングでは本来はドライクリーニング推奨の洋服を、高度な知識と技術で水洗いします。coromoeでもウェットクリーニング可能なので、ぜひご依頼下さい。

家庭での洗濯が可能な場合以下の手順で洗濯していきましょう。

前洗いで部分洗いを行う

肌が直接触れる部分である襟や袖など汚れが付着しやすい場所は、汗や皮脂汚れがビッシリ付いているので、本格的な洗濯の前に前洗いで部分洗いを行います。

その部分の下に汚れても良いタオル等を敷き、おしゃれ着用の中性洗剤を直接つけてブラシやスポンジで優しく叩いて、タオルに汚れを移していきます。

頑固な皮脂汚れなどがあると中々取れずに強く擦ってしまいたくなりますが、そうするとダメージを負ったり、色落ちの原因になるので必ず優しくポンポンと叩く様にして下さい。

表示通りに洗濯機か手洗いで洗う

洗濯表示通りに洗濯機可の場合は洗濯機で、手洗いの場合は手洗いで洗濯して下さい。

■洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗う時は、ダウンを2つ折りに畳んで丁度ピッタリ収まるくらいの濯洗ネット入れます。

小さい洗濯ネットに3つ折り、4つ折りにして入れてしまうと、中心部分の汚れは落ちない事が多いので、サイズが合う物を必ず用意して下さい。

チャックやボタンはしっかりと閉め、ファーは洗うと硬化してしまう可能性が、他の付属品なども引っかかったりトラブルの原因になるので取り外しましょう。

洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤で、洗濯機のコースはドライコースや手洗いコース等のおしゃれ着用のコースで行って下さい。

すすぎまでは自動で構いませんが、脱水には注意点があるので脱水まで自動で任せない様にしましょう。

■手洗いの場合

手洗いの場合は洗濯槽や大きめの洗面器に30℃程のぬるま湯で満たし、おしゃれ着用の中性洗剤を適量溶かします。

ゴシゴシ洗うのではなく、沈めて優しく汚れを押し洗いして汚れを押し出して下さい。

汚れが出てきたら水を変えて洗っていきます。20回ほど押し洗いを行ったらすすいでいきます。

すすぎの際も洗剤が残ってしまわないように、洗剤や汚れが出なくなるまで綺麗な水に変えて、しっかりと落としていきます。

脱水は1分程度で終わらせる

脱水を行う際は水分をたっぷり含んだままだと重く遠心力が強くなり、ダウンのダメージ具合や素材によっては耐えられず爆発してしまう事もあるので、1度取り出して軽く水を押し出すと良いでしょう。

そのまま手作業で水分を押し出すと安全ですが、洗濯機で脱水を行う場合は自動運転にせず1分程度で止めましょう。

脱水が足りないと感じる場合は1分間やって止め、再度1分か回す感じで連続して回し続けない事が、偏りなどのリスクを減らす為には大切です。

脱水しすぎると必ずシワやダメージ、中の偏りが起きてしまうので、最大でも1分間×3回程度にしておきましょう。

タオルドライをする

脱水が終わっても水分はかなり残っている状態なので、タオルドライを行いましょう。大きいタオルでダウンを包むか、タオル同士で挟み、優しく押して水分を取っていきます。

この際もタオルでゴシゴシ拭く感じはNGです。タオルドライでも水分が取れない程度になってきたら、干して乾燥させます。

ダウンを広げ羽毛を解す

脱水とタオルドライが済んだら、乾燥させる前に羽毛を解します。綺麗なテーブルなどにダウンを広げ、ダウンの全体を触ってみて、羽毛が塊になっていたり偏っている場合は解しましょう。

ギュッとやってしまうと表面の生地にダメージを負わせてしまうので丁寧に優しく少しずつを心掛けて下さい。

ただし時間をかけすぎると生乾きになってしまう場合もあるので、やり過ぎも禁物です。

平干しで乾燥させる

自然乾燥させる場合は以下の洗濯表示を確認しましょう。

洗濯表示 四角に1つの縦棒はつり干しが良い吊り干しで天日干しOK
洗濯表示 四角に1つの横棒は平干しが良い平干しで天日干しPK
洗濯表示 四角に1つの縦棒に斜め線は日陰でつり干しが良い吊り干しで陰干し
洗濯表示 四角に2つの縦棒はぬれつり干しが良い濡れ干しで吊り干し

基本的に洗濯表示に沿った干し方で問題ありませんが、万全を期すなら水分が残っていて重みでダウンが偏ってしまい型崩れしてしまう可能性があるので、羽毛を解した後は平干し用のネットで寝かせて乾燥しましょう。

乾くまで放っておくとダウンがしっかりと解れない可能性があるので、乾燥中に何度かダウンを解すのがフワフワに乾かすコツです。

柔軟剤を使用するのもダウンをフワフワにさせるコツの1つですが、洗剤が落とせていないとシミになる可能性があるので使う際はシッカリ落とす事を心掛けましょう。

乾燥機を使いたい場合も洗濯表示を確認しましょう。

洗濯表示 四角に丸と1つの点は排気温度上限60℃の低い温度でタンブル乾燥可能排気温度上限60℃の低い温度でタンブル乾燥可能
洗濯表示 四角に丸と2つの点は排気温度上限80℃でタンブル乾燥可能排気温度上限80℃でタンブル乾燥可能
洗濯表示 四角に丸と×はタンブル乾燥禁止タンブル乾燥禁止

タンブル乾燥とはグルグル回転しながら乾燥機の乾燥方法の事です。洗濯表示を確認し、乾燥機OKだったとしても、ダウンは高温に弱いので必ず低温で行って下さい。

表面のダメージを抑える為に裏返しにすると良いでしょう。

10分程度乾燥機で乾かしたら取り出しチェック、まだ乾いていなければ再度10分乾燥と言う感じで、洗濯機と同様に乾ききるまで延々回し続けない事がトラブル回避のコツです。最大で10分×3回程度にしておきましょう。

乾燥機から出したら殆ど乾いていますが、熱を持った状態で湿気も含んでいるので、ハンガーにかけて風通しの良い場所に干しましょう。しっかり乾かしたら洗濯終了で収納可能となります

衣替え時のダウンの収納方法

ダウン収納と洗濯2

ダウンは収納スペースを圧迫するし、畳むべきか吊るして保管なのか迷う方も多いと思いますが、ハンガーで吊るして保管してしまうと重力で中の羽毛が下に偏ってしまう事もあるので、畳んで収納保管がおすすめです。

翌シーズンに着用する際、上の方がしぼんでしまっているなんて事が無いように畳み保管を行いましょう。

ダウンの畳み方

  1. ダウンのボタンやファスナーを閉じる
  2. シワを伸ばしてダウンの両側を畳む
  3. 2つか3つに折り畳む

2のダウンの両側を畳む際に、タオルを挟むと衣類の摩擦を防ぎ傷をつけない、シワを付けないといったメリットがあります。分厚いものは嵩張ってしまうので薄手のタオルを使用しましょう。台紙などの紙もシワを防ぎます。

3では上下に2つか3つに折り畳むか、襟側から巻くとコンパクトに畳めます。畳んだ後収納する時は、その上に他の洋服を乗せてしまうとペチャンコになってしまうので、なるべく1着で保管するか、他の洋服の上に収納して圧迫させないようにして下さい。

綺麗に洗濯した上で収納でペチャンコになった場合は、乾燥機OKのダウンなら低温で10分程度乾燥させるとフワフワに戻ります。

嵩張るダウンは保管サービスがおすすめ

ご家庭に衣類が沢山ある場合や収納スペースが狭い場合は、ダウンの収納保管は場所を取り大変です。

そういった場合は保管サービスを利用するのがおすすめです。保管サービスには、室内または屋外、クリーニングが付きかどうかなど様々ですが、洋服で特にダウンなど高価でデリケートな物は専門的にやっているクリーニング付き保管サービスをおすすめします。

クリーニング店が行う保管サービスの良い所は、衣替えで仕舞い洗いの手間が無い上に、保管環境が整っていて翌シーズンに着れる状態で適切に保管してくれる所です。

coromoeは衣替えのお手伝いを専門サービスとして、クリーニングと保管サービスを行っているので、ダウンの収納でお困りの場合は、ぜひご相談下さい。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました