プロが教えるフェイクファーの洗濯方法と注意点

フェイクファー
coromoe-u

フェイクファーはその独特の質感で冬のスタイルを格上げしてくれますが、正しいケア方法を知らずに扱うと、素材を傷める原因にもなりかねません。

この記事では、プロの視点からフェイクファー製品の適切な洗濯方法と、その際に気をつけるべき注意点をご紹介します。美しいフェイクファーを長く保つための秘訣を学びましょう。

フェイクファーの洗濯での失敗リスクや注意点

フェイクファー

フェイクファー製品を洗濯する際には、その特性を考慮したケアが必要なので、正しい方法でお手入れしないと以下のようなリスクが発生する可能性があります。

  • 形崩れ・毛の絡みつき・毛抜け
  • 色褪せ
  • 静電気の発生

その原因として、洗濯機の摩擦や圧、素材に合っていない洗剤を使うとリスクが発生しやすくなります。そこで、洗濯時には以下のことを注意しましょう。

■中性洗剤またはおしゃれ着洗剤を使う

強い化学成分を含む洗剤は、フェイクファーの繊維を傷める可能性があります。中性洗剤やおしゃれ着用の洗剤は、繊維を優しく洗い、色褪せや質感の損傷を防ぎます。

■洗濯ネットに入れる

洗濯機内での摩擦を最小限に抑え、フェイクファーの毛が絡み合うのを防ぐためです。また、形崩れや毛抜けのリスクを減らすことができます。

■優しくコースで洗う

デリケートなフェイクファーはなるべく手洗いを推奨しますが、もし洗濯機を使う場合は、優しい洗濯コースで洗いましょう。強い洗濯コースは繊維にダメージを与え、毛の質感を損なう可能性があります。

■洗濯タグを確認する

製品によっては特別な洗濯指示がある場合があります。洗濯タグを確認し、推奨される洗濯方法や注意点を守ってお手入れしましょう。

■洗濯をしすぎない

頻繁な洗濯はフェイクファーの質感や形状に悪影響を及ぼします。汚れが目立つ場合や必要な場合にのみ洗濯し、可能であれば部分洗いやスポットクリーニングを行いましょう。

フェイクファーの洗濯方法

ドラム式洗濯機

フェイクファーにおすすめの洗濯洗剤

アクロン:公式■アクロン

アクロンは、すすぎ1回でOK。
ダメージを防ぎつつ、「キレイ修復洗浄」で、
フェイクファーのヨレをケアして整えます。
エマール:公式■エマール

汗や皮脂などで汚れがちのフェイクファーを
優しく洗い、ダメージリペア技術で
内側から繊維を補修します。

フェイクファーの自宅での洗濯方法と手順

フェイクファー製品の美しさと質感を長持ちさせるためには、正しい洗濯方法を選択することが重要です。以下に、洗濯機を使用するパターンと手洗いのパターンに分けて、フェイクファーの洗濯方法と手順を詳しく説明します。

【洗濯機で洗う場合】

用意するもの
  • おしゃれ着洗剤
  • 洗濯ネット
  • 柔軟剤
洗濯タグの確認・洗剤の選択

製品に付いている洗濯タグを読み、洗濯機使用が可能かどうかを確認します。

おしゃれ着用の洗剤を準備します。

洗濯ネットに入れる

フェイクファー製品を洗濯ネットに畳んで入れます。これにより、洗濯中の摩擦を軽減し、毛の絡みつきを防ぎます。

洗濯コースの選択、脱水時間の設定

洗濯機の「手洗いコース」や「デリケートコース」を選択します。水温は冷水または30℃以下のぬるま湯が理想的です。

脱水時間1分程度でOK。

乾燥

取り出したら、衣類を揺すって毛をほどきます。ブラシがあれば軽くとかしてください。

直射日光を避け、風通しの良い場所で自然乾燥させます。乾燥機の使用は避けてください。

【手洗いする場合】

用意するもの
  • タライ
  • おしゃれ着洗剤
  • 柔軟剤
  • ぬるま湯
洗濯タグの確認

洗濯タグを確認し、手洗いが推奨されているかをチェックします。

洗剤の準備

おしゃれ着洗剤を水に溶かし、ぬるま湯(30℃以下)の洗濯液を作ります。

浸け置き洗い

フェイクファー製品を洗濯液に浸し、軽く押し洗いすることで、汚れを落とします。強くこするのは避けてください。

すすぎ

清潔な水で数回すすぎ、洗剤が残らないようにします。水を変えることで、洗剤が完全に除去されるまで、すすぎを繰り返します。

きれいな水をはり、柔軟剤を溶かし浸す

柔軟剤の成分が静電気防止となります。

脱水

軽く水を絞るか、タオルに包んで優しく押すことで、余分な水分を取り除きます。絞りすぎは避け、形を崩さないように注意します。

乾燥

衣類を揺すって毛をほどきます。ブラシがあれば軽くとかしてください。

直射日光を避けた風通しの良い場所で平干しし、自然乾燥させます。乾燥機の使用は避けてください。

乾いたら形を整え、毛並みを優しくブラッシングして、元のふんわりとした質感を取り戻しましょう。

フェイクファーの臭い取り

■陰干し

フェイクファー製品を風通しの良い場所で陰干しします。干すときは直射日光は避けて、外の新鮮な空気にさらすことで、嫌な臭いを軽減することができます。

■消臭スプレーを使う

ドラッグストアなどで購入できる消臭スプレーを使用する場合は、フェイクファーに直接スプレーするのではなく、空中に霧吹きしてから製品を通すか、布にスプレーしてから軽くたたくようにして使いましょう。

直接スプレーすると、染みや素材の傷みの原因になる場合があるため注意。

■クリーニング店へ依頼する

自宅での臭い取りが難しい場合や、どうしても取れない頑固な臭いの場合は、クリーニング店に相談することをお勧めします。

水洗いや洗濯機での洗濯が可能なフェイクファー製品の場合でも、臭いを取る目的で頻繁に洗うことは避け、上記の方法を試してみてください。

どの方法を選択する場合でも、事前に小さな範囲でテストを行い、素材に損傷を与えないことを確認してから全体に試することが重要です。

ぺたんこのファーをふわふわにする方法

フェイクファー

頻繁に着用していると、いつの間にかファーがぺたんこになっていた経験をした方も多いはず。特に、肘や背中などは机や背もたれに寄り掛かることで、圧がかかりぺたんこになりがちです。

ぺたんこになったファーをふわふわに復活させるために、以下の手順で、ごわごわ、ちりちりになったファーの毛並みを美しく直すことができます。

■スチームアイロンを使う

ファーに直接触れさせずにスチームを当てることで、熱と湿気によって毛がふんわりと立ち上がります。アイロンを当ててしまうと、毛並みが倒れてしまうので注意。スチームアイロンを使う前に、ファーが耐熱性の素材であることを確認し、低温設定で慎重に行いましょう。

■ドライヤーを使う

ヘアドライヤーを冷風モードに設定し、ファーに向けて軽く風を当てます。ドライヤーの熱が一点集中しないように注意しながら、毛並みを整えましょう。もしご自宅に衣類用にブラシなどがあれば、よりふんわりとしたキレイな仕上がりになります。

■衣類用ブラシ、またはペット用ブラシでブラッシングする

ブラッシングは、毛の流れに沿って行い、強く引っ張らないように注意してください。

フェイクファーの抜け毛対策

フェイクファー
  • 一度洗濯する
  • ブラッシングする
  • コロコロや掃除機をかける
  • 静電気防止スプレーを吹きかける

■一度洗濯する

新しいフェイクファー製品は、最初に優しく手洗いまたはデリケート洗いすることで、製造過程で発生した余分な繊維や抜け毛を取り除くことができます。洗濯する際は、洗濯表示を確認して、おしゃれ着洗剤で洗うことをおすすめします。

■ブラッシングする

洗濯後、フェイクファーを乾燥させた後に、柔らかいブラシで優しくブラッシングします。これにより、毛並みが整い、抜けかけた毛を事前に取り除くことができます。ブラッシングは、毛の流れに沿って行うのがコツです。

■コロコロや掃除機をかける

日常的な抜け毛対策として、粘着式クリーナーや掃除機の低い設定を使用して、表面の抜け毛やゴミを取り除きます。掃除機を使う場合、もしあれば衣類用ブラシアタッチメントを使ってファーに優しい力で行ってください。

■静電気防止スプレーを吹きかける

静電気は抜け毛を引き起こす原因の一つです。静電気防止スプレーを軽く吹きかけることで、静電気を減らし、抜け毛を防ぐことができます。スプレーはファーに直接吹きかけるのではなく、空中にスプレーしてからファーを通すか、適度な距離を保って使用してください。

衣替えでのフェイクファーのおすすめ保管方法

COROMOEクローゼット衣替え

フェイクファー製品は、その豪華な見た目と温かみで冬の装いに欠かせないアイテムですが、長期保管をする際は注意が必要です。以下におすすめ保管方法をご紹介します。

■丁寧にクリーニングする

保管前には、フェイクファー製品を適切にクリーニングしてください。汚れや汗が残っていると、長期保管中に質感が損なわれたり、色あせの原因になることがあります。自宅で洗濯した際は、製品が完全に乾燥していることを確認してから収納しましょう。

■除湿剤を使い、通気性の良いカバーを使用する

フェイクファー製品をビニール袋に密封して保管すると、湿気が閉じ込められてカビの原因になるので、除湿剤を使い、フェイクファーには通気性の良い布製のカバーをかけて保管することをおすすめします。

■直射日光を避けて、押し込まないように保管する

コートなどのフェイクファー製品は、他の衣類と一緒に押し込まれると形が崩れたり、ぺたんこになる原因になります。可能な限り広いスペースを確保し、直射日光や湿気が多い場所は避け、他のアイテムと重ならないように吊るして保管しましょう。

■防虫対策をする

フェイクファー自体は虫食いの心配は少ないものの、保管場所によっては虫害を受ける可能性があります。防虫剤を使用し、虫が寄り付きにくい環境を作りましょう。

成人式などで使用する特別なフェイクファー製品は、次に使用するまでの長期間保管が必要な場合があります。これらのアイテムは特に丁寧にクリーニングし、上記の保管方法を必ず行ってください。

また、時々状態を確認し、必要に応じて風通しを良くするなどのメンテナンスを行いましょう。

フェイクファーのおすすめクリーニングと料金相場

クリーニング

ドライクリーニングの料金相場は、地域や店舗のサービスによって異なりますが、フェイクファー付きのコートなどであれば大体2,000円~5,000円程度です。サイズやファーの量、素材のデリケートさによって料金は変動します。

ファーマフラーや帽子:のような小さなアクセサリー類は、大体1,000円~2,000円程度でクリーニング可能です。成人式や特別なイベント用の衣装は、その価値とデリケートさから、大体5,000円~10,000円以上かかる場合もあります。

クリーニングを依頼する際は、事前に複数のクリーニング店に相談し、料金やサービス内容を比較することが重要です。

また、クリーニング店がフェイクファー製品の取り扱いに慣れているかどうかを確認し、信頼できる店舗を選ぶましょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました