染み抜きやシミ取り方法

レーヨンの黄ばみ等のシミを自宅で染み抜きする方法

レーヨン
coromoe-u

日常生活で洋服や布製品にシミがついてしまうことはよくありますが、特にレーヨン素材の衣類はそのデリケートな性質からシミに弱いと言われています。

特に、黄ばみや色の変化が目立ちやすいため、一度シミがついてしまうと気になってしまうものですよね。

しかし、お気に入りのレーヨンアイテムを捨てる必要はありません。自宅で簡単に試せる方法を使って、レーヨンの黄ばみ等のシミを効果的に染み抜くことができます。

クリーニング店に持ち込む前に、まずは自宅でトライしてみることでお気に入りのアイテムを末長く愛用できるように、効果的なレーヨン染み抜きの方法を紹介します。

レーヨンの黄ばみの染み抜き方法や落とし方

レーヨン素材の衣類に黄ばみが現れることは、多くの家庭で見られる悩みの一つです。

黄ばみが発生すると、清潔感を損なってしまい衣類の使用寿命も短くなる可能性があり、そんな黄ばみの原因は以下の通りです。

  • 皮脂の蓄積
  • 汚れの蓄積
  • 繊維の劣化
  • 柔軟剤や洗剤の過剰使用

黄ばみの染み抜きを行う前に、まずは自宅での洗濯が可能か必ず洗濯タグを確認しましょう。

確認ができたら以下をご用意ください。

用意するもの
  • 酸素系漂白剤(粉末タイプ)
  • 重曹
  • 綺麗なタオル
  • 歯ブラシ
酸素系漂白剤と重曹を1:1の割合で混ぜる
お湯を少量ずつ入れながらペースト状にする
ペーストを黄ばみ部分に厚めに塗る
スチームアイロンを当てる
軽くすすぎタオルで水気を取る
風通しの良いところで平干しする

レーヨンの汗染みや水染みの取り方

水滴 背景

汗や水は無色透明なため、洗濯タグを確認後、洗濯可能なレーヨンであれば軽く全体を洗うだけでも落とせることがあります。

洗えないレーヨンの場合は、固く絞ったタオルを用意して、水染みになっている部分の縁部分を軽く叩き、馴染ませるようにしていきます。

そうすることで、シミ部分が周りと徐々に馴染みシミが目立たなくなります。

レーヨンの油汚れの染み抜き方法

絵の具の洗濯方法

油汚れは私たちの日常生活でよく遭遇する問題です。

バターや焼肉などの動物性の油、そしてケチャップやソースなどの植物性の油といった種類に分かれますが、油汚れは水だけでは簡単に取り除くことができず、特に頑固な汚れは大変扱いにくいですよね。

そこで、効果的な油汚れの取り除き方として、食器洗剤を使用した方法をご紹介します。

用意するもの
  • 食器洗剤
  • 綺麗なタオル
  • 歯ブラシ
容器に水小さじ1、食器洗剤小さじ1を入れて混ぜる
衣類の油汚れの下に綺麗なタオルを敷く
歯ブラシに洗剤水をつけ汚れ部分を軽く叩きながら汚れを取る
軽く洗い流しシワにならないように平干しする

レーヨンに付いたファンデーションの洗濯方法

ファンデーション

レーヨン素材にファンデーションがついてしまった場合、ファンデーションの効果的な落とし方としてクレンジングオイルを使用することがおすすめです。

クレンジングオイルは、メイク用品の油性汚れを効果的に浮かせるための洗浄剤です。そのため、レーヨン素材のようなデリケートな繊維に対しても比較的優しい洗うことができる方法です。

用意するもの
  • クレンジングオイル
  • 綺麗なタオル
  • 歯ブラシ

手順は、先程ご紹介した「レーヨンの油汚れの染み抜き方法」と同じです。

レーヨンが雨に濡れたらやっておきたい対処法

雨

レーヨンは美しい光沢と柔らかい質感が特徴の素材ですが、レーヨンは水分を吸収しやすく、濡れた状態が続くと水染み(ウォータースポットとも言います)ができてしまうことがあります。

もし、レーヨンが雨に濡れたら、できるだけ早く対処することが重要なので、すぐに乾いたタオルで水気を取りましょう。

乾いたタオルを準備する

雨に濡れたレーヨンに触れる前に、乾いたタオルを準備します。タオルはレーヨンの水気を吸収しやすく、柔らかい素材を選んで優しく水気を取り除きます。

軽く抑えるように水気を取る

摩擦や強い力がかかると繊維を傷める可能性があるため、タオルで軽く抑えるようにして水気を取り除きます。

陰干しする

水気を取り除いたら、直射日光を避けて風通しの良い場所で陰干しします。レーヨンは直射日光により退色する可能性があるため、陰干しにすることで素材を保護します。

クリーニングでのレーヨンの染み抜き

クリーニング店の女性

レーヨン素材にシミが付いてしまった場合、自宅でのシミ取りに不安を感じる方はプロのクリーニング店に相談することをおすすめします。

クリーニング店へ持っていく際には、以下の注意点を保管しておいて染み抜きをお願いしましょう。

■シミの場所を事前に申告する

クリーニング店に申告レーヨン製品を持って随時には、シミが付いている箇所を事前にスタッフにしましょう。 シミの種類や場所によって、染み抜きの方法が異なる場合があります。また、正確な情報を提供することが重要です。

■他にシミがないか全体的に確認をしておく

レーヨン製品をクリーニング店に持って行く前に、全体的に他にもシミがないか確認してみてください。 複数のシミがある場合、クリーニング店は一箇所のシミだけを処理することもできます全体のクリーニングを推奨する場合がございます。全体のクリーニングを希望する場合は、事前にスタッフに相談して適切な方法を検討させていただきます。

■ポケットに物が入っていないか

紛失のトラブルを避けるために、ポケットに物が入っていないか確認してください。

■ボタンなどの装飾品が取れかけていないか

クリーニング工程で取れてしまう可能性や最悪の場合、紛失することも考えられるためチャックしておきましょう。

クリーニング店はプロの技術を持っており、デリケートなレーヨン素材に適切な染み抜き方法を選んでくれます。

シミの場所や全体の確認、ポケットのチェックなど上記の注意点を押さえて、ぜひcoromoeへご相談くださいませ。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました