洗濯物が乾かない原因別に生乾きを防ぐ方法を紹介

洗濯物を乾かす
coromoe-u

天候や季節など、洗濯物が乾かない原因は様々です。

乾くまでに時間が掛かってしまうと雑菌が増殖し、臭いが発生しまうこともありますので、洗濯物が乾かなくてお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

季節による洗濯物が乾かない場合の対策

気温が下がる冬、雨や湿気が多い梅雨は洗濯物が乾きにくい時期ですが、夏なのに乾かない事もあります。

冬に洗濯物が乾かない原因と対策

冬は晴れて空気が乾燥しているにも関わらず洗濯物が乾きにくいのは、温度が低いことが原因です。

温度が低くいと空気中に含まれる水蒸気量が小さくなり、空気が含むことのできる水分量が少なくなります。

そのため、冬は湿度が低くても洗濯物の水分が蒸発しにくくなり、乾きにくくなるのです。温度が低い冬は、洗濯方法や干し方を工夫しましょう。

脱水時間を長めに

通常脱水は1回行いますが、2回行うことで水分をしっかりと飛ばすことができるため、衣類に残る水分が少なくなります。

脱水を2回行うことで洗濯物の乾く時間が短縮されるため、雑菌が繁殖しにくくなるため、臭いも発生しにくくなります。

脱水が始まる前に乾いたバスタオルを1枚入れておくと、乾いたタオルが水分を吸った分ほかの洗濯物の水分が少なくなって乾きやすくなります。

干し方を工夫する

洗濯物の干し方に一手間加えるだけで、乾きのスピードが変わってきます。

  • 洗濯物同士の間隔を、こぶし1個分程度開けて干す
  • 両端が長く、真ん中が短くなるようにアーチ状にして干す
  • 厚手のものと薄手のものを交互に干す
  • バスタオルはピンチハンガーでジャバラ状にしてつるす
  • 長袖やフード付きの衣類は、上下逆さにして干す

梅雨に洗濯物が乾かない原因と対策

洗濯物は温度が高く、湿度が低く、通気性があるほどよく乾きます。

空気に含むことができる水分量は限りがあり、梅雨は晴れている日でも湿度が高いため、洗濯物の水分が空気中に蒸発しにくいので、乾くまでに時間がかかってしまいます。

雨の日が続く梅雨は洗濯物を溜めがちですが、大量の洗濯物を一度に干すことで風通しが悪くなります。洗濯物同士の間隔を充分に確保するため、できるだけこまめに洗濯を行い、一回に干す量を調整しましょう。

晴れているからと外干ししていても、外出中や少し目を離すと雨が降る可能性があるため梅雨の外干しは油断大敵です。晴れの日にまとめて洗濯物を外干しするよりも、こまめに部屋干しをすることをおすすめします。

梅雨の時期は室内と外の状況をよく確認して、部屋干しと外干しの両方をうまく使い分けましょう。

夏なのに洗濯物が乾かない原因と対策

夏は気温が高いのでただ干しておけば乾くと思いがちですが、夏は梅雨時期と同じくらい湿度が高いため、日光があまり当たらない場所や、風通しが悪いと夏でもやはり乾きにくくなります。

一日の気温の変化は季節や地域などによっても異なりますが、基本的に午前9時あたりから上昇し始め、午後2時あたりをピークに、以降は徐々に下降し始めます。

空気は暖かいほど水分を多く含む性質を持っているため、気温が下がると抱えきれなくなった水分が空気中に放出され、湿気を帯びるようになります。

日が落ちるまで洗濯物を放置していると、せっかく乾かした衣類が湿気を含んでしまいますので、洗濯物は10時過ぎから干し、15時前には取り込みましょう。

夜干しで洗濯物が乾かない原因と対策

夜に洗濯

夜は太陽が出ている昼間と違って気温が低くなるので、衣類の水分が蒸発しにくく乾くのに時間がかかります。

寒い季節は夜露も発生するので湿気てしまうことが多く、濡れた洗濯物が凍結してしまうこともあります。

さらに、寝ている間に雨が降ってもなかなか気がつけないので、せっかく洗った洗濯物が雨で濡れてしまう可能性もあります。

夜間の外干しは生乾き臭のリスクが大きいし、他にもメリットよりデメリットのほうが多く、おすすめできません。日中の洗濯が難しく夜しか洗濯できないという場合には、部屋干しを検討してみてください。

洗濯物を1日2日干しても乾かない原因と対策

タオルを干す

洗濯物は長く干せば干すほど、よく乾くというわけではありません。

洗濯物の乾きやすさは、天気・気温・湿度・風の有無などによって左右されます。基本的に一日の気温の変化は午前9時あたりから上昇し始め、午後3時あたりをピークに徐々に下降し始めます。

午後3時以降は、日差しも弱くなり湿度も上がってきます。洗濯物が乾いていないからといって干しっぱなしにすると、せっかく乾きかけたところに夜露がついて、再び湿気た状態になってしまいます。

洗濯物の乾きが不十分である場合は、午後3時以降は取り込んで、続きは部屋に干しする事をおすすめします。

方角と日当たりで乾かない原因と対策

除湿シートを干す

洗濯物を干すのは10時頃~15時頃までがベストですが、全ての人が同じ条件ではなく、干す場所、日が当たる時間が方角も違うので、そういう点も考慮して洗濯物は干しましょう。

東向きで洗濯物が乾かない原因と対策

東向きは、日の出の太陽を一番早く感じることができる向きです。

日が入る時間が主に午前中で、日中以降は太陽が反対方向に移動するので、11時頃から日が当たらなくなり洗濯物が乾きにくくなります。

東向きの場合は洗濯物干しは7時頃から12時頃までに済ませましょう。

大量の洗濯物を一度に干すことで風通しが悪くなりますので、洗濯物同士の間隔を充分に確保するためできるだけこまめに洗濯を行い、一回に干す量を調整しましょう。

西向きで洗濯物が乾かない原因と対策

西向きは午前からお昼にかけては日が当たらないため、早い時間に干すと洗濯物がなかなか乾きません。

西向きは、午前中日は当たりませんが午後に日が当たる事が特徴の方角なので、西向きで洗濯物を干す場合は、午後から干すと良いでしょう。

12時頃~16時頃を目安に洗濯物を干すと良いでしょう。

南向きで洗濯物が乾かない原因と対策

南向きは、基本的に日が当たる時間が長いので洗濯物が良く乾きますが、ベストは10時頃~15時頃です。

ですが、マンションなど上の階のベランダ部分のせり出しに太陽光が遮られ、季節や時間によってはほんの一部にしか太陽光が照射されないという状況もあります。

早朝や冬など、太陽の高度が低いときには日光の遮断はそれほどでなくても、夏は太陽の高度が高くなるため、周辺の建物やベランダ部分のせり出しなどで日光が遮られてしまい洗濯物が乾かない場合があります。

さらに、日当たりが良くても風通りが悪いと洗濯物が乾きにくくなってしまします。風通しを良くするために、物干しスタンド選びや干し方を工夫することで、洗濯物を効率的に干すことが可能です。

北向きで洗濯物が乾かない原因と対策

北向きは他の方角と比べて、日光が当たる時間が短いため洗濯物が乾きにくくなります。とくに冬や秋は日光が差さない、気温が低いという理由で洗濯物がなかなか乾きません。

ですが、日が当たらなくても風通しを良くすることで洗濯物を乾かすことができます。風通しを良くするために、物干しスタンド選びや洗濯物同士の間隔を充分に確保するなど干し方を工夫しましょう。

上手く乾かす事が出来ない場合は、部屋干しにするのをおすすめします。適切な温度と湿度の管理を行えば、室内干しでも綺麗に乾かす事は可能です。

部屋干しで洗濯物が乾かない原因と対策

洗濯物を部屋干しする

部屋干しで洗濯物が乾かない主な原因は3つあります。

1.温度が低い

室内の温度が低いと、水分が蒸発しづらいので洗濯物が乾きにくくなります。

2.湿度が高い

空気に含むことができる水分量は限りがあるため、湿度が高いと洗濯物に含まれる水分が蒸発しにくくなります。

3.空気の流れが悪い

閉め切った室内は空気の流れが悪いため、乾くのに時間がかかります。

外干しに比べて乾きにくい部屋干しは、干し方を工夫することで乾きやすくなります。洗濯物の干し方に一手間加えるだけで、乾きのスピードが変わってきます。

  • 洗濯物同士の間隔を、こぶし1個分程度開けて干す
  • 両端が長く、真ん中が短くなるようにアーチ状にして干す
  • 厚手のものと薄手のものを交互に干す
  • バスタオルはピンチハンガーでジャバラ状にしてつるす
  • 長袖やフード付きの衣類は、上下逆さにして干す

部屋干しをすると室内の湿度が一気に上がります。高い湿度が保たれてしまうと乾きが悪くなり雑菌が繁殖しやすくなるので、部屋干しの乾きにくさを解消するには、エアコンが役立ちます。

エアコンのない部屋で部屋干しするときは、扇風機やサーキュレーターを使って空気を循環させると効果的です。

洗濯物の真下や斜め下に置き、首振りモードで風を送ることで洗濯物の間に空気が送られ効率よく乾かすことができます。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました