プロが教えるウールダウンの失敗しない洗濯方法

冬物アウター
coromoe-u

ナイロンとは違った風合いで大人っぽく綺麗に着こなせるウールダウン。ナイロンと比べると日頃からのお手入れなど気を付けるべきポイントが多くあります。

そして洗濯においてもウール素材は難易度が高くリスクもありますが、中にはご自宅で洗うことのできるものもあります。

今回はそんな洗えるウールダウンの見分け方や、お洗濯で気を付けるべきポイントをご紹介致します。

ウールダウンの洗濯での注意点

ウールダウン

ここではウールダウンの洗濯方法をご紹介していきますが、まず頭に入れておきたいのは基本的にウール自体は水に弱く、本来家庭では水洗いできないものだということです。

なぜならウールは水で洗うことによって、縮んだり、風合いが損なわれてしまうという弱点があるからです。そのためウール素材のものは基本クリーニング店でドライクリーニングをすることが一般的とされています。

しかし、近頃では「防縮加工」のような水洗いをしても縮まない特殊加工を行っている製品があるため、ウールでもご自宅で洗えるもの、洗えないものが存在するようになってきています。

ただし、本来のウール自体の特性上「水洗に弱い」ため、その時は問題なく洗えたとしてもフェルト収縮や風合いが損なわれたり、シワや型崩れしたりなどのリスクは十分に考えられることをよく理解してからご自宅でお洗濯をするようにして下さい。

ウールダウンの洗濯方法

手洗い 押し洗い

先述でのご自宅でウールダウンを洗濯するリスクをご理解いただけたら、お手持ちのウールダウンが洗えるか、洗えないかを見分けます。

ここで「洗濯禁止」となっていたらクリーニング店に依頼するようにしましょう。

見分ける方法は「洗濯表示」を確認します。 ウールダウンのほとんどは「洗濯不可」か「手洗いマーク」の2種類です。

ウールは縮みや型崩れが起きやすい素材なので基本的には洗濯機で洗うことはできません

洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能桶に手は40℃を限度に手洗いが可能
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止桶に×は家庭での洗濯禁止
注意点

もし洗濯機洗いが出来る表示があった場合でも注意事項を良く読み判断するようにしましょう。それでも洗濯機洗いをする場合は以下の3つを守るようにして下さい。

■洗濯機の「手洗いコース」や「ドライコース」で洗濯する

■おしゃれ着用中性洗剤を使用する

■洗濯ネットを使用する

それでは手洗い方法をご紹介していきます。

ぬるま湯(水)をはり中性洗剤を入れる

ウールダウンが入る桶やシンクに40℃以下のお湯または水をはります。そこにおしゃれ着用中性洗剤を適量いれておきます。

※アルカリ性の洗剤は油汚れには効果的ですが、ウールが縮む原因となるため必ず中性洗剤を使用しましょう。

※40℃以下のぬるま湯の方が油汚れは落ちやすいですが、これもまたウールが縮む原因となります。お湯よりも冷水の方が縮みにくくなります。

優しく押し洗いする

ウールダウンを桶に入れて押し洗いをします。脇汗などの汗汚れは水溶性の汚れのためゴシゴシしなくてもこれだけで落とすことができます。

ウールが縮む最大の原因は水の中で揉んだり、ゴシゴシすることです!注意しましょう。

すすぐ

桶のぬるま湯(水)を張り替えて2~3回程度押し洗いの要領ですすぎます。洗剤の泡が出なくなればOKです。

脱水する

押し洗いの要領で余分な水分を出したら、タオルドライをしましょう。大きめのバスタオルにはさんで水分をタオルに移すイメージで行います。

干す

形を整えて風通しの良い場所で陰干しをしましょう。干し方についても洗濯表示や注意事項をよく確認して正しく干しましょう。

水洗いをしない(できない)場合

ウールの表面は水を弾く撥水性があります。そのため軽い程度の汚れであれば表面に付着している状態なだけで中まで浸み込んではいません。

そのため、水洗いをしなくても良く乾かした後、ブラッシングをするだけでも表面に付着している汚れは簡単に落とすことができます。

また市販の防水スプレーを併用することで撥水性を高めて汚れを付きにくくすることもできます。

ウールダウンのおすすめ洗濯頻度

洗濯頻度

一般的なイメージ通り、頻繁に洗濯するものではありませんので基本的には酷く汚れていなければシーズンの終わりに1度のお洗濯で大丈夫です。ただし、着用後のブラッシングや日頃のお手入れは必要になります。

そして、家庭でのお洗濯では汗などの水溶性の汚れは落ちても油汚れなど油溶性の汚れまでは落とすことができません。

ダウン本来のフワフワで保温性を保つためにはこれらの両方の汚れをすっきり落とすことやしっかり中まで乾燥させることが必須です。

ただでさえ、ダウンとウールというデリーケートで難易度の高いお洗濯ですので、一年に一回という頻度の低いものであれば尚更クリーニングのプロにお任せすることをおすすめします。

費用はかかってもその分、長い間着続けることができるはずです。

ウールダウンの普段のお手入れ方法

ブラッシングする

ウールダウンを長持ちさせる秘訣は日頃からのお手入れにあります。特にウールで気を付けたいのは、ほこり、毛玉や毛羽立ちです。

これらは衣類用ブラシで毛並みを整えることで防ぐことができます。着用後はハンガーにかけてブラッシングしてウールダウンをお休みさせてあげて下さい。

ただし、毛抜けが気になる場合はブラッシングはし過ぎない方が無難です。ある程度抜けてしまうと落ち着くことがほとんどです。

また、ウール素材はナイロンやポリエステルと比べるとわずかな隙間があるため、空気を多く含んだダウンは空気と一緒に羽毛が飛び出してしまう羽抜けが起こりやすいです。

多少の羽抜けはウールの性質ではありますが、あまりにも気になる場合はメーカーにお問合せすることをおすすめします。

ウールダウンはクリーニングがおすすめ

クリーニング店の女性

そもそもウール自体が水に弱いため家庭で洗濯すると縮みや型崩れなどを起こす危険性があることはご承知いただけたかと思います。

また、ウールダウンそのものも高価なものであり、一年に一度の洗濯頻度を考えるとクリーニングに出してすっきり汚れを落としてもらう方が長持ちもして断然におすすめです。

クリーニング店に依頼する際はできればドライクリーニングだけでなく、汗などの水溶性の汚れも同時に落としてくれるウェットクリーニングを受けてくれるお店にしましょう。

そして、ウールだけでなく中のダウンもデリケートなものですので、クリーニングに出してダウンがぺしゃんこになってしまった…というような悲しいことにならないように、実績のあるお店や信頼できるお店を選ぶ事も重要です。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました