防水加工の洋服の洗い方やお手入れ方法をプロが解説

防水服
coromoe-u

防水加工されている洋服を普通に洗っても大丈夫なのでしょうか。洗濯によって効果が落ちてしまわないか心配になるところです。

知っているようで知らない防水加工の洋服の洗い方と、日ごろからのお手入れ方法を解説します。

防水加工と撥水加工の違い

改めて「防水加工」と「撥水加工」この2つの言葉を並べると何が違うのでしょうか。簡単に言うと撥水加工は「水を弾く加工」で防水加工は「水を通さない加工」です

防水加工は、塩化ビニルや合成ゴムなど生地そのものを水を通さない素材で作ったり、ゴムや合成樹脂を塗り込んで生地の隙間を埋めています。小さな穴を密閉性が高いもので塞ぐようなイメージです。

このように素材自体に加工がされているため穴が空いたり摩耗などで劣化しない限り、水を通すことはなく防水効果が落ちることはありません

一方、撥水加工はフッ素などで生地表面をコーティングしているため水や油などを弾きます。そうすることで水や汚れが生地に浸み込みにくく、拭きとるだけでお手入れが簡単になります。

また生地をコーティングしているだけで防水加工と違い隙間は塞がれていないので、空気や蒸気は通しますので蒸れたりすることはありません。

ただし、そのコーティングがはがれると水を弾かなくなり、生地の内側まで染み込んでくることがあります。つまり、撥水加工はあくまでも水を弾くだけの加工ですので水の浸透は完全に防ぐことはできません。

防水加工のメリットとデメリット

メリット

■水を裏側まで通さない

■破けたりしない限り効果が持続する

デメリット

■通気性が悪く蒸れやすい

このように水の浸透を防いでくれますが、撥水加工とは違い布目の隙間がないため空気や水蒸気も通さず、蒸れやすいという弱点があります。梅雨の時期にレインコートを着ると中で蒸れて不快な経験をしたことはないでしょうか。

そこで「防水透湿素材」という防水性と透湿性の相反する性質を両立した素材があります。特殊フィルムなどを使うことで外からの水を通さず、内部の蒸れを外部へと放出するという弱点のない優れものです。

その代表的なものがゴアテックスです。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。有名アウトドアメーカーなどでも採用されており他の防水加工のアイテムよりも高価にはなりますが、その機能の高さからとても人気があります。

防水加工の洋服の洗い方

撥水加工

洗うことで防水加工が落ちてしまうのではないかと思われがちですが、実はそれは間違いです。

防水加工を施した洋服はホコリや汗などの汚れをそのままにしていると逆に性能が落ちてしまいます。そのため着用後はきれいに洗濯をして風通しの良い場所で保管することが大切です。

防水加工の洋服の洗濯で気をつけたい工程はすすぎと脱水にあります。洗剤の洗い残しがあると機能が低下してしまうため時間をかけて十分にすすぎましょう。

次に脱水ですが洗濯機ではなく手で行いましょう。脱水は洋服同士がこすれて生地を傷めてしまうだけでなく、水抜けが悪く洗濯機の故障につながる可能性があります。

バスタオルなどで水気を切るようにしましょう。洗濯機洗いができる洋服の場合は「ドライコース」などの弱水流モードで優しく洗いましょう。今回は手洗いの手順を説明していきます。

洗濯表示・特記事項を確認する

洗い方や注意事項が表記されているので、必ず確認しましょう。

洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止

たらいにバツマークになっていれば家庭で水洗いできないので、クリーニング店に相談しましょう。

桶にぬるま湯を張り、洗剤を溶かし入れる

専用洗剤の他、アクロンなどのおしゃれ着用の中性洗剤がおすすめです。洗濯洗剤の中には漂白剤入りのものがありますが、漂白不可の場合もあるので、以下のマークにご注意下さい。

洗濯表示 三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止三角に×は塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
洗濯表示 三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止三角に斜め線2本は酸素系漂白剤は使用可能だが塩素系漂白剤は使用禁止

また蛍光増白剤などが配合されているものや柔軟剤の使用は、撥水加工の効果を低下させる原因になるため使用しないようにしましょう

洋服をつけて優しく押し洗いをする

押し洗いが基本ですが、首元や襟元など汚れやすい部分はゴシゴシ生地をこすりあわせるのではなく、洗剤を部分的に塗布し歯ブラシなどで優しく汚れをかき出しましょう。

時間をかけてしっかりすすぐ

洗う時よりも時間をかけてしっかりとすすぎましょう。洗剤が残ってしまうと機能の低下を招く原因となります。

水気をきる

強く絞るのではなくバスタオルなどに挟んで押し出すように水をきりましょう。

ハンガーにかけて干す

直射日光を避けた風当たりの良い場所で干しましょう。

クリーニングで防水加工は可能?

クリーニング店

冒頭で説明した通り、防水加工は洋服の生地素材そのものに加工が施されているものになりますので実際にクリーニング店が行えるのは「撥水加工」になります。

防水性をアピールしていても実際には防水にはできませんのでくれぐれもご注意下さい。

あわせて知っておきたいのは基本的に防水加工の洋服は生地に穴が空いたり、摩擦などの劣化がみられない限り裏側まで水を通すことはありませんが、表面の撥水加工が落ちてくると生地表面がじとっと濡れている状態になってしまいます。

このように防水力は保たれていても、表面のコーティングがはがれてしまうと撥水効果は落ちてきますので定期的に撥水加工をする必要があります。

その際は市販の撥水スプレーよりもクリーニング店での撥水加工の方が高い効果が得られるのでおすすめです。

それはコーティング剤の質、ムラなく全体に噴霧できる機械、さらに熱処理を加えて撥水成分を強く定着させる工程などに大きな違いがあるからです。そのため撥水力だけでなく持続性も期待できます。

雨の日だけでなく、アウトドアなどのレジャーでも活躍する防水加工の洋服。おそらく何着も持っているものではないはずですので大切な一着を定期的にメンテナンスをして効果を長持ちさせましょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました