プロが教えるダウンコートの洗濯方法と注意点

ダウンコート
coromoe-u

お尻が隠れる丈感のダウンコートは保温性に優れており、寒い冬には欠かせないアイテムです。

毎日のようにお世話になったダウンコートを次のシーズンも気持ちよく着られるように、洗濯方法や注意点をしっかりと把握しておきましょう。

ダウンコートの洗濯手順と注意点

先ずは細かい洗い方の説明の前に、一通りの手順と、それに付随する注意点を把握しておいて下さい。

洗濯表示を確認する
洗濯表示 桶に40は液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる桶に40は液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯できる
洗濯表示 桶に手は40℃を限度に手洗い可能桶に手は40℃を限度に手洗い可能
洗濯表示 桶に×は家庭での洗濯禁止桶に×は家庭での洗濯禁止

ダウンコートを洗濯する前に、洗濯表示を必ず確認してください。

洗濯表示に手洗いのマークがあれば、自宅で洗濯することができます。洗濯表示には、洗濯をする際の注意がすべて記載されていますので、洗濯表示の指示を必ず守りましょう。

素材を確認する

素材によっては変色や、傷んだり縮んだりすることがあるので、ダウンコートの素材をしっかり確認することが大切です。

また、フードや袖口などに異素材が使われているものや、装飾やプリント、特殊なロゴマークなどがついているものなども注意しましょう。

洗えるダウンと洗えないダウンの違いや洗濯の注意点

ダウン専用洗剤または中性洗剤を使う

ダウンの羽毛は人の髪の毛と同じタンパク質で出来ているため、一般的な洗濯用洗剤では羽毛のタンパク質や、羽毛をコーティングしている油を溶かしてしまいます。

また、洗浄力が高いため、色落ちや風合いが変化する可能性もありますので、洗剤はダウン専用洗剤または中性洗剤を使うようにしましょう。

ファスナーやボタンを閉める

ダウンジャケットの生地を傷つけてしまう可能性がありますので、ファスナーやボタンは閉めた状態で洗いましょう。

取り外せる金具や付属品などがあればすべて外し、フードについているファーも水洗いできないので、事前に取り外しておきましょう。

汚れが気になるところを前洗いする

頑固な汚れは、洗濯機や手洗いでは落ちない可能性があります。まずはどこが汚れているのかを入念にチェックし、洗濯前に汚れを落としておきましょう。

前洗いしておくことで、洗濯後の仕上がりが格段に変わります。

優しく洗う

ダウンジャケットは強い力でもみ洗いをしたり、こすったりすると、中の羽毛が偏ったり、生地や羽毛を傷める原因になりますので、優しく注意しながら洗いましょう。

しっかりと乾かす

乾燥が不十分だと、ダウンのボリュームが戻らず保温性が下がってしまいます。

また、臭いやカビの原因にもなりますので、表生地が乾いていても中の羽毛は乾きにくいため、早く乾かす工夫などし、中までしっかり乾かすことが重要です。

ダウンコートの洗濯の仕方やコツ

ダウンの洗濯

ダウンコートの洗濯におすすめの洗剤

いつもの洗濯洗剤をダウンコートの洗濯に使用すると、ボリュームがなくなるだけでなく、縮みや色あせの原因にもなるので使用は控えてください。

リスクを減らしダウンを守るためにも、ダウン専用洗剤または、おしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。

NIKWAX(ニクワックス) ダウンウォッシュダイレクト

撥水ダウン、通常のダウンの両方に使用可能で、羽毛に必要な油分を残したまま生地の汚れまでパワフルな洗浄力で除去してくれます。すぐれた撥水効果をもたらし、人体と環境に無害で安全に使用できます。

Grangers(グランジャーズ) ダウンウォッシュコンセントレート

洗濯機に直接投入するタイプの水性クリーナーです。ダウンのふくらみを損なうことなく、臭いと汚れを落とします。抗菌効果があり、香料など余計な成分を含まないので環境にとてもクリーンな商品です。

Grangers(グランジャーズ) ダウン 2イン1 ウォッシュ&リペル

「ダウンウォッシュコンセントレート」と同じブランドで、こちらは洗浄と同時に撥水加工を施してくれます。長年の研究開発から生まれた、独自の撥水成分「アクリルポリマー」を採用しています。撥水性と耐久性、透湿性を備えながら環境にも人体にも優しい商品です。

mont-bell(モンベル)  O.D.メンテナンスダウンクリーナー

中性洗剤なので繊維を傷めることなく、優れた洗浄成分で常温水でもしっかりと汚れを落としてくれます。ダウンのたんぱく質を壊さず、空気の層が増えることでダウン本来の保湿力が回復します。

Aimedia(アイメディア) 洗濯機で洗うダウン専用洗剤

クリーニング店が使っている、ダウン専用洗です。

羽毛1本1本に浸透して、洗い上がりはふんわり感がアップします。泡立ちが少なくすすぎ1回でOK。1本でダウンジャケットが約7~8着洗え、1枚あたり約110円と、とても経済的です。

Comolife(コモライフ) 忙しママの洗濯洗剤ダウン・ニット用

ダウンにしみこんだ皮脂や汗、表生地の汚れまでパワフルな洗浄力で除去してくれます。羽毛に必要な油分を残して洗うので、ペタンコのダウンもふわふわの仕上がりになります。

UYEKI ドライニング

ヤシ油を主原料とした界面活性剤にオレンジオイルを配合していて、手肌や環境にも優しく、安心して使うことができます。シリコンを使わず天然オレンジオイルで、ダウンもふんわり洗い上がります。

ジョイベックS プレミアム

化粧品原料を主成分にした、ドライマーク衣類用の洗濯洗剤です。ダウンの襟袖汚れもさっぱり落とし、ふんわり柔らかく仕上がります。手洗いでも洗濯機でも簡単に洗うことができます。

ダウンコートの洗濯機での洗濯の仕方

1.洗濯槽に水をため、ダウン専用洗剤またはおしゃれ着用洗剤を適量入れ、洗濯液を先に作っておきます。

2.ダウンコートのファスナーやボタンをしっかり閉め、キレイに折り畳んで洗濯ネットに入れます。

3.洗濯ネットに入れたダウンコートを洗濯機に入れて、数回押すようにして水の中へ沈めます。浮いてきてしまう場合は、大きめのバスタオルを上にかぶせて沈めましょう。しっかり沈めることでムラなくきれいに洗濯することができます。

4.洗濯機のコースは「手洗い」や「ドライ」を選択し、洗いとすすぎを行います。

ダウンコートを手洗いで洗濯する方法

手洗いでの洗濯は、優しく丁寧に洗えるので生地の傷みを最小限に抑えることができます。

1.ダウンコートのファスナーやボタンを、しっかり閉めておきます。

2.ダウンコートが入る大きさの容器や浴槽などに30℃くらいのぬるま湯を入れ、ダウン専用洗剤またはおしゃれ着用洗剤を適量溶かします。

3.ダウンコートを軽くたたみ、洗浄液の中に入れて押し洗いします。両手を使い、浮いてきたら沈めるを繰り返し、洗浄液が全体に染みこむように優しく押し洗いしましょう。

4.洗い終わったら綺麗な水と交換し、同じように押し洗いをしてすすぎます。水の濁りや水の中の泡が消えるまで水の交換と押し洗いを繰り返し行い、洗剤が残らないようにしっかりすすぎましょう。

ダウンコートの洗濯での脱水方法

タオルドライで脱水する方法

洗濯に使用した水を抜き、軽く押しながらダウンコートの水を抜きます。

大きめのバスタオルを広げ、ダウンコートを挟んで上から軽く押して水分を取り除きましょう。バスタオルの上にダウンコートを広げ、端からくるくる巻いて水分を取る方法もあります。

どちらもバスタオルが水分を含みすぎたら新しいバスタオルに交換し、できるだけ水分を取り除きましょう。

洗濯機で脱水する方法

洗濯機での脱水は、1分の脱水を3回にわけて行うことをおすすめします。

1分ごとに脱水を止めてダウンをほぐし、形を整えてからまた脱水する作業を3回繰り返しましょう

。少し手間がかかりますが、短い時間を繰り返し行うことでダウンが片寄りにくく、シワもつきにくいのできれいに仕上がります。

ダウンコートの洗濯での乾かし方

洗濯後の干し方

洗濯表示 四角に1つの縦棒はつり干しが良い四角に1つの縦棒はつり干しが良い
洗濯表示 四角に1つの縦棒に斜め線は日陰でつり干しが良い四角に1つの縦棒に斜め線は日陰でつり干しが良い
洗濯表示 四角に2つの縦棒はぬれつり干しが良い四角に2つの縦棒はぬれつり干しが良い
洗濯表示 四角に1つの横棒は平干しが良い四角に1つの横棒は平干しが良い

干し方についての洗濯表示は、上記の4つのパターンの組み合わせで出来ているので、確認の上で適切に干しましょう。表示が無い場合や、分からない場合は平干しを基本として下さい。

ダウンジャケットのボリュームを保つには、乾かし方が最大のポイントとなります。水分が残っていると臭いやカビの原因になりますので、内部までしっかり乾燥させることが大切です。

1.平干しする

最初から吊り干しすると、中の羽毛が水分で下の方に偏ってしまい型崩れの原因になりますので、ある程度乾くまで半日ほど平干しをします。

濡れた状態で中綿をほぐすと、羽毛の繊維が切れてしまう可能性がありますので、乾くまでは極力触らないようにすることが綺麗に仕上げるためのポイントです。

2.風通しの良いところで陰干する

半乾きになったら、直射日光が当たらない風通しの良いところで陰干しします。ハンガーは、出来るだけ肩部分が厚いものを選びましょう。

ダウンコートの中に隙間ができるので早く乾かすことができ、型崩れも防げます。薄いハンガーしか無い場合は、タオルなどを巻き付けて調整すればOKです。

3.羽毛にたっぷり空気を含ませる

完全に乾いたら、羽毛が均等になるようにふりさばいたり、軽くたたくなどして羽毛をほぐしましょう。

保温性を保つうえで重要なのが、羽毛のボリュームを損なわないことなので、中の羽毛をしっかりほぐして空気をたっぷり含ませましょう。

乾燥機のコツ

洗濯表示 四角に丸と1つの点は排気温度上限60℃の低い温度でタンブル乾燥可能四角に丸と1つの点は排気温度上限60℃の低い温度でタンブル乾燥可能
洗濯表示 四角に丸と2つの点は排気温度上限80℃でタンブル乾燥可能四角に丸と2つの点は排気温度上限80℃でタンブル乾燥可能
洗濯表示 四角に丸と×はタンブル乾燥禁止四角に丸と×はタンブル乾燥禁止

洗濯表示で乾燥機を利用可能かどうか確認の上で行って下さい。

乾燥機を使うと、乾燥機の回転で羽毛の絡みも解消され、ダウンをふわふわに仕上げることができます。

しかし、洗濯直後のダウンコートには大量の水分が含まれているので、そのままの状態で乾燥機にかけると、生地や羽毛を傷めてしまう可能性があります。

直射日光の当たらないところで自然乾燥させて、半乾きまたは完全に乾燥した後の仕上げとして乾燥機を使うと、ふっくら仕上げることができます。

ダウンコートのファスナーやボタンを閉めて、ダウンの生地を傷めない為に裏返しにしてから乾燥機に入れましょう。

乾燥機の温度は必ず低温で行います。乾燥時間は一気に長時間行わず、10分置きにダウンの様子を見ながら行うようにしましょう。

乾燥機にドライヤーボールを一緒に入れて回すと、ドライヤーボールが羽毛を叩いてほぐしてくれるので、羽毛が立ち上がり、より膨らみを回復させることができますのでおすすめです。

通常の洗濯で落ちない汚れの効果的な対処法

ダウンコートは頻繁に洗うことができないため、汗染みや皮脂などの汚れが蓄積していて普通に洗うだけでは落とすことができません。

頑固な汚れは全体を洗う前に、あらかじめ部分洗いをしておくことが大切です。基本的には中性洗剤で落ちますが、それでも落ちない場合は洗濯用の固形石鹸を使用します。

水をふくませたスポンジで汚れた部分をぬらし、固形石鹸を汚れに直接塗り込んでスポンジでこすって汚れを落としていきます。

素材によって力を調整しながら、強めにこすってしっかり汚れを落とします。

洗濯石鹸でも落ちない頑固な汚れは、化粧落としに使用するクレンジングオイルが効果を発揮します。クレンジングオイルを染み込ませたコットンで、クルクルと円を描くように、汚れ部分に染み込ませていきます。

特に汚れがひどい箇所は、トントンと叩いて汚れを落としていきましょう。

汚れが落ちたらぬるま湯で洗い流し、洗濯表示に従って、手洗いまたは洗濯機で全体を洗って仕上げましょう。

ダウンコートの洗濯失敗でぺしゃんこや偏りの対処法

ダウンコートの洗濯失敗でぺしゃんこや偏り

ダウンコートをふわふわに復活させるためには、羽毛同士の絡まりをほぐし、湿気を飛ばして羽毛を開かせる必要があります。

手でほぐして陰干しする

中の羽毛がまんべんなくほぐれるように、少しずつ指でつまみながら優しくほぐします。羽毛に偏りがある場合は、ダウンを上下に振ったり、軽く手で叩きながら、均等に羽毛を移動させましょう。

羽毛に空気をたっぷり含ませることを意識して、「ほぐして」「振って」「叩いて」を何度も繰り返すことで、ダウンが空気を含んでフワフワに戻っていきます。

ダウンの内部にたっぷり空気が入ったら、天気の良い日に風通しの良い場所で、4〜5時間の陰干しを2~3日繰り返し、しっかりと乾燥させましょう。

乾燥機を使用する

手でほぐしたり叩いてもボリュームが戻らない場合は、乾燥機を使いましょう。

乾燥機の回転で羽毛の絡みも解消され、湿気を取り除きふわふわに復活させることができます。この時、乾燥機にドライヤーボールを一緒に入れて回すと羽毛が立ち上がり、より膨らみを回復させることができます。

濡れた状態から乾燥させるわけではないので、乾燥時間は10分程度でOKです。高温設定での乾燥は、生地の劣化や縮みの原因になりますので、乾燥機は必ず低温でかけるようにしましょう。

ダウンコートの撥水加工を家庭でやる方法

撥水加工した生地

撥水剤には、スプレータイプとつけ置きタイプがあり使用方法が異なります。

スプレータイプのものはふりかけるだけなので手間はあまり掛かりませんが、つけ置きタイプの方が撥水性をより高く感じられます。ご自分に合った方法で試してみて下さい。

スプレータイプでの撥水加工方法

撥水が必要なのはダウンの表面だけなので、ダウンのファスナーやボタンをしっかり閉め、15cm程度離してダウンにまんべんなくスプレーしましょう。

スプレーをかけた後は風通しの良い場所でしっかり乾かして下さい。

ダウンに汚れがあると、その汚れに対してもコーティングをし、固めてしまう可能性がありますので、汚れを落としてから行いましょう。

また、スプレーのかけ過ぎはシミになったり、ふわふわ感がなくなってしまう恐れがありますので注意しましょう。

つけ置きタイプでの撥水加工方法

ダウンが汚れている場合は、先に汚れを落としてから撥水加工しましょう。

ダウンコートが入る容器や浴槽などに水を入れ、規定量の撥水洗剤を入れてよくかき混ぜます。撥水剤が全体に染みわたる様にダウンコートを浸水させ、時々かき混ぜながら30分程度浸け置きます。

つけ置きが終わったら水を捨て、水が濁らなくなるまですすぎを繰り返します。

この時、ダウンジャケットの表面がベトベトしている場合がありますが、これは撥水洗剤の成分なので、しっかりと乾燥すればベトつかなくなりますので問題ありません。

すすぎ終わったら大きめのバスタオルを広げ、ダウンベストを挟んでできるだけ水分を取り、風通しの良い場所で陰干ししてしっかり乾かしましょう。

ダウンコートのおすすめ洗濯頻度

洗濯機で洗濯中

ダウンコートの洗濯は、最低でも1シーズンに1回、衣替えで保管に回す前に必ず洗濯しましょう。

着用頻度が少なくシーズン中に数回しか着ていなくても、目に見えない汚れは付着しています。

汚れやシミを放置すると生地の劣化にも繋がるので、ダウンコートを一度でも着用した場合は、次のシーズンに備えて洗濯をしてから保管することが大切です。

特に目立った汚れがない限り収納する前に洗濯するのが基本ですが、着用頻度が多い場合や汚れがひどい場合は、シーズン中に一度洗濯して汚れを落としておくと清潔に保つことができます。

しかし、洗いすぎるとかえってダウンの寿命を縮めてしまう場合もありますので注意しましょう。

ダウンコートはクリーニングしないほうが良い?

ドライクリーニング

ダウンコートのクリーニングは「しない方が良い」という意見と、「した方が良い」という意見があります。

ダウンは表面の汚れを取って、しっかり干して風を通しておけば大丈夫、という考え方もあります。しかし、表面の汚れがきれいになっても、汗や皮脂などが染み込んだ中の汚れまではきれいになりません。

汚れをそのままにしておくと変色やカビ、虫食いの原因にもなり、ダウンに限らず衣類にとっていいことは一つもありません。さらにダウンの保温性を失わせることにもつながりますので、定期的に内部までクリーニングすることをおすすめします。

クリーニングに依頼する際、ライクリーニングでは水溶性の汚れは落とせないので、汗などの汚れは落ちず不衛生なままというのが実状です。デリケートな素材に対して効果を発揮しますが、ドライクリーニング溶剤はダウンの大切な油分を溶かしてしまいます。

油分をなくしたダウンは空気を含むことができなくなり、保温性が衰えてしまうので、ダウンコートのクリーニングはウエットクリーニングをおすすめします。

ウエットクリーニングは水洗いのできない衣類に対して用いられる特別な方法です。高い技術が要求されるため、技術や知識のあるクリーニング店をしっかりと選びましょう。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました