クリーニング基礎知識

ドライクリーニングでタバコの臭いが取れない理由と取り方

衣類の臭い対策
coromoe-u

クリーニングに出したのにタバコの臭いが取れていない事があります。これはドライクリーニングで洗われた事が原因ですが、なぜドライクリーニングではタバコの臭いが取れないのか?

タバコの臭いを簡単に取る方法も併せて紹介します。

ドライクリーニングでタバコの臭いは取れない理由

クリーニングに出せば臭いが取れると思いがちですが、ドライクリーニングでは落とせない臭いがあります。

  • 染み込んでしまった汗による臭い
  • 加齢臭
  • ワキガ臭
  • タバコの臭い
  • その他の水溶性の汚れに関する臭い

衣類の臭いのほとんどがドライクリーニングで落とすことができなく、落ちたとしても少し落ちた程度で、完全に落とす事は不可能です。

これはドライクリーニングの洗いの仕組みにあって、通常の水洗いは水と洗剤を使いますが、ドライクリーニングは水を使用せず石油系の有機溶剤で洗います。

石油系の有機溶剤は油溶性の汚れには効果的ですが、水溶性の汚れは落とす事ができないので、ドライクリーニングでは表面的に綺麗になった感じでも汗汚れ等の水溶性の汚れは残ったまま返却されているのです。

油溶性の汚れ皮脂、食用油、マヨネーズ、バター、口紅、ファンデーションなど
水溶性の汚れ汗、食塩、砂糖、醤油、果汁、酒など

油溶性の汚れであっても、殆どの汚れや臭いは水溶性の汚れも含まれているので、水洗いしないと綺麗に落とす事はできません。

タバコの臭いの原因になっている成分は主に水溶性の汚れなので、ドライクリーニングに出しても臭いままと言うのは、この仕組みが分かっている方かたすれば当たり前な話です。

なぜドライクリーニングなどするのかと思う方もいらっしゃいますが、水に濡れるとトラブルが起きる素材の為、または水洗いと違い大量洗いができるので安価に提供できる為でもあります。

洋服に付いたタバコの臭いを消すおすすめの方法

衣類の臭い対策2

結果論から言えば、水洗いしなくてはタバコの臭いが綺麗に取れる事はありませんが、頻繁に水洗いできない時もあるので、そういう時のおすすめの臭い取りの方法を紹介します。

スチーマーを使用する

衣類用スチーマーはの粒子は高温で微細なので、それを吹き付ける事によって臭いの粒子を除去できます。

部屋干しの臭いや、タバコの臭い、汗の臭い、加齢臭など気になる臭いに効果があるので、臭いが気になる方は1つ持っておくと便利です。使用する際は必ず洗濯表示を確認しましょう。

洗濯表示 アイロンに×はアイロンがけ禁止アイロンに×はアイロンがけ禁止
洗濯表示 アイロンに点が1つは温度110℃を限度としてスチーム無しでアイロンかけ可能アイロンに点が1つは温度110℃を限度としてスチーム無しでアイロンがけ可能
洗濯表示 アイロンに点が2つは温度150℃を限度としてアイロンかけ可能アイロンに点が2つは温度150℃を限度としてアイロンがけ可能
洗濯表示 アイロンに点が2つは温度200℃を限度としてアイロンかけ可能アイロンに点が2つは温度200℃を限度としてアイロンがけ可能

スーツやジャケットなど、自宅での洗濯が難しい物に臭いが付いてしまった場合や、お出かけの際に臭いが気になったが洗う時間がない時にサッと当てるだけでも効果があります。

スチーマーがない場合は、お風呂上りに浴室に干すとスチーマーと同じ様な効果が期待できます。

注意点

水に弱い素材、色落ちしやすい服に対して行うと、ダメージを負ってしまうので注意が必要です。

風通しの良い場所に干す

臭いが気になる時にはハンガー等にかけて風通しの良い場所に干すのも効果的です。風通しをする事で、臭いの原因となっている粒子を飛ばす事ができます。

ドライヤーや扇風機などで風を当ててあげても同じ様な効果を期待できます。

注意点

水洗いを頻繁にできない様なデリケートな洋服に対して行うと思うので、天日干しやドライヤーの温風などは変色や色落ちの原因になるので注意が必要です。

消臭スプレーを使う

消臭成分が配合されている消臭スプレーなら緊急の場合に消臭効果を期待して使うのは良いと思います。ただし、臭いの根本を取り除くのではなく、あくまでカバーしているだけなので、それだけでOKと思っていると臭いの上に臭いを蓄積させていく事になります。

目に見える汚れと同様に、臭いの原因となっている汚れも長く蓄積させていくと、通常の洗濯では取るのは難しくなります。

注意点

消臭スプレーを一気に振りかけ過ぎると、その水分がシミになるので注意が必要です。デリケート素材の洋服にはアルコールに弱い物もあるので、そちらにも注意が必要です。

ウェットクリーニングを利用する

ここまでの3つの対処法を行いつつ、定期的に水洗いするか、水洗いできない物はウェットクリーニングに依頼しましょう。ウェットクリーニングが可能な業者だと、通常は水洗い不可でドライクリーニングのみの衣類に対してもトラブルが起きない様に水洗いしてくれます。

3か月に1度や、衣替えの前のしまい洗いでは、ウェットクリーニングに依頼して汚れを落とす様にしましょう。coromoeでもウェットクリーニング可能なので、ぜひご依頼下さい。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました