衣替えと保管方法

プロが教える水通しの正しいやり方と後保管方法

水通しとは何の為?目的や理由や効果
coromoe-u

水通しとは何の為にやるのか目的や理由や効果についての説明と、いつまでにやるのか、どういう洗剤を使えば良いのか等の正しいやり方、水通ししない場合のリスク、水通し後の失敗しない保管方法などをクリーニングのプロが徹底解説します。

水通しとは何の為?目的や理由や効果

水通しとは水洗いをし洋服や布団を綺麗な状態にする事です。買って新品の状態なら綺麗だと思う人は多いですが、その状態でも綺麗じゃなく特に敏感な赤ちゃんの肌ではトラブルが起きる事が多々あります。

妊娠し出産を控える時期に、産まれてくる赤ちゃんのベビー服などを用意する事になりますが、それらを買った後に水通しを行う必要があります。

実際に水洗いすると、どういう効果があるのかを見て見ましょう。

1.糊を落とす

新品の洋服には糊が付いており、糊が付いたままだとゴワゴワした肌触りになるので肌を刺激する上に汗が吸収されにくく汗疹の原因になります。

赤ちゃんの肌は綺麗ですが、大人に比べると刺激に弱いので、買ったばかりの新品のベビー服を水通しせずに着せると肌トラブルを引き起こします。

2.ホルムアルデヒドを落とす

ホルムアルデヒドとは接着剤・塗料・防腐剤などの成分で、フローリング等の建築資材などに使われており、シックハウス症候群の原因物質の1つとして知られています。

毒性が強く発がん性があると警告されており、使用には基準値が厳しく設けられています。

洋服でもシワや縮み防止目的で使用されているので、新品の洋服をそのまま着ると様々なトラブルを引き起こします。

日本では肌が敏感で何でも口に入れてしまう事が多いので、生後24か月以下の赤ちゃんが使用する繊維製品には16ppmまでの基準値が設けられています。(それ以上の歳の基準値は75ppm)

ただし、ホルムアルデヒドがベビー服に含まれていなかったとしても、空気中に発散しやすく繊維製品に吸着しやすい性質があるので、陳列中や家で保管している時に他のホルムアルデヒドを吸着してしまうので注意が必要です。

ホルムアルデヒドは水に溶けやすい性質でもあるので、赤ちゃんが実際に着る前に水通しをし落としてから、新たな吸着を防ぎつつ保管する事が大切です。

3.大気汚染物質を取り除く

石油ストーブやガスストーブの排気ガスはもちろん、車が通行する場所の傍に住んでいるなら車からの排気ガスなどが家の中に溜まり衣類や布団に吸着します。

通気性の悪い家、湿気が溜まりやすい収納などは特にその傾向が強く、綺麗な状態の洋服を保管していても汚染されます。

これらも水洗いすれば綺麗に落とせるので、特に敏感な肌の赤ちゃんが着るベビー服は必ず水通ししましょう。

交通量が多い場所や花粉や黄砂が飛んでいる時期、pm2.5が飛んでいる等の場合は部屋干しをおすすめします。

4.余分な染料を落とす

色物の場合は染料が使われているので、特に敏感な肌の場合はそれに反応してしまう事もあります。そうならない為にも水通しで落ちる染料は落としておきましょう。

軽い水洗い程度で落ちる染料の場合は、汗をかいたら溶け出すので、赤ちゃんの肌を考えると洗っておいた方が安心です。その後の色落ちや色移りも防げます。

5.ダニを死滅させ死骸や糞を取り除く

新品の布団やベビー服にもダニはいます。

生きたダニが多いと肌トラブルを引き起こすし、死骸や糞もアレルギー物質として様々なトラブルを引き起こします。

ビニール袋に入って売られていると安全な様に思いますが、通気性が全くなく湿気が溜まるのでダニは発生しやすくなっています。

生きているダニは家庭の水洗いでは繊維にしがみつき取れません。ダニは60℃以上の高温で死滅するので、衣類乾燥機や布団乾燥機などで高温にさらしましょう。その上で水洗いし死骸や糞を綺麗に除去する事をおすすめします。

ただし、ベビー服は傷みやすく縮み易く、乾燥機NGやタンブラー乾燥NGの場合が多いので、必ず洗濯表示を確認して下さい。

6.カビを取り除く

新品の布団やベビー服でも販売店の保管状況ではカビが生えている可能性もあります。袋から出してみるとカビ臭い場合は、目には見えなくてもカビが生えています。

洋服にカビが生えていると、着た時に吸い込んで健康被害を引き起こします。

ダニと同様に湿気が溜まると発生するので、目立つカビが無くても自宅に持ち帰ったら洗濯しましょう。こちらも高温で死滅できるので、乾燥機を使う事をおすすめします。

水通しはいつまでにやるか?最適なタイミング

水通しはいつまでにやるか?最適なタイミング

水通しの必要性は分かったので、次はいつまでにやるのか最適なタイミングを覚えておきましょう。

タイミングとしては早くやり過ぎると保管中にダニやカビを発生させる事もあるので、なるべく出産に近い臨月の直前が良いでしょう。

一般的に臨月は出産予定日前1ヶ月の事で、いつ産まれてもおかしくない時期です。ですので水通しのベストタイミングとして、妊娠8~9ヶ月頃にやると良いでしょう。

体調の変化で大変な方もいらっしゃるので、クリーニング付き保管サービスの利用もおすすめします。

それなら水通しのタイミングを考えずに良いし、返却まで最適な状態で保管してくれています。出産に合わせて返却依頼すれば、直ぐに赤ちゃんが着れる状態で戻ってくるので、大変な時期は面倒な作業はプロに任せるのも良いでしょう。

ベビー服の水通しの正しいやり方

ベビー服を着て寝る赤ちゃん

では、実際にベビー服を水通しする正しいやり方を紹介します。

ベビー服の水通しで準備する物

  • 洗剤(低刺激の物)
  • 洗濯ネット
  • ベビーハンガー
  • 洗濯槽クリーナー(洗濯機の場合)
  • 桶やバケツ(手洗いの場合)

これらとベビー服を準備したら次は洗濯機の準備です。

洗濯機の槽洗浄や桶の洗浄を行う

洗濯機の槽洗浄や桶の洗浄

洗濯機の洗濯槽はカビ・雑菌・ゴミ・洗剤カス等が付着しているので、肌が敏感な赤ちゃんのベビー服を洗うには良い環境とは言えません。

特に初めてベビー服を水通しする場合は洗濯槽クリーナーで槽洗浄をした後にしましょう。洗濯槽クリーナーには塩素系と酵素系がありますが、酵素系をおすすめします。

手洗いの場合は桶やバケツ等を使うと思いますが、それらも雑菌が付いている可能性が高いので、しっかりと洗浄してから使うようにして下さい。

水通しは他の洗濯物と一緒はNGで大人と分ける

他の洗濯ものと一緒はNG

水通しをして肌トラブルの原因になる物質を取り除くのに、基準値が違う大人の洋服を一緒にしてしまうのは本末転倒になる場合もあるので、可能な限り大人と分ける事を心掛けましょう。

洗剤はなるべく低刺激の物が良いので、大人と分ける事で洗剤を使い分ける事ができます。柔軟剤は添加物だらけなのでベビー服の洗濯では使用しない方が良いので、これも大人用と分けると使用するかどうか分ける事ができます。

赤ちゃんと大人の洗濯物や洗剤を分けるのは1歳になるまでで、1歳を過ぎてからは大人と一緒に洗っても問題が起きない場合が多いです。ただし、個々の差があるので、一緒に洗ったり、大人と一緒の洗剤を使った後の調子を見てあげて最終的な判断を下す事をおすすめします。

また、大人の新品の洋服と一緒に洗濯するのは基準値が一緒になる2歳になってからにしましょう。

洗濯機か手洗いで洗う

洗濯機

必ず洗濯表示を確認し表示に沿った洗い方を行って下さい。洗剤は無添加で肌への刺激が少ないタイプ、粉末は残りやすいので液体タイプを選びましょう。大人の洋服より傷みやすいので優しく丁寧に洗う事を心掛けて下さい。

洗剤は不要と説明する人も多いですが、保管状況によっては汚れ・カビ・ダニ等も発生しているので使用した方が良いです。単に濡らすだけだと雑菌を繁殖させる結果になる場合もあります。

洗濯機で水洗いする場合のコース設定

洗濯機で水通しして洗う場合は洗濯ネットに入れて「ソフトコース」「おしゃれ着コース」「手洗いコース」「ドライコース」等の優しい洗いのコース設定にしましょう。

手洗いで水通しする場合

清潔な桶に水かぬるま湯を張り、その量に合った洗剤を入れベビー服を浸します。ゴシゴシせず優しく揉み洗いでOKです。すすぎは2~3回水を入れ替えて行い、洗剤が残っていない状態を確認した上で水を切りましょう。

ベビー服の水通し後の干し方

ベビー服の洗濯

洗濯が終わったら、次は乾燥させる方法です。

ベビーハンガーで部屋干し

ベビー服はサイズが小さいので大人用ハンガーを使うと伸びてしまったり型崩れの原因になります。サイズに合ったハンガーの方が乾きやすいので、湿気が残ったり臭いが発生する事も少ないのでおすすめです。

ハンガーは使わない靴下などの為にピンチハンガーも用意しておくと便利です。

外干しで天日干しした方が健康に良さそうなイメージがありますが、外干しすると花粉、pm2.5、排気ガス、虫や卵が付着するので、それらの影響がない様に部屋干しをおすすめします。

部屋干しする際は効率良く乾かすために暖房やエアコン、サーキュレーター、扇風機などを利用して空気が循環し湿気が溜まらない様にしましょう。

そうする事で部屋干しでも短時間でシッカリ乾かす事が可能で、部屋干し臭なども発生しません。

水通し後の干す時間帯

部屋干しなら基本的に時間帯は考えなくて良いですが、外干しする場合は通常の洗濯と同様で午前10時過ぎ~午後2時頃までに裏表が乾く様に干して下さい。

午後から干したり、夕方や夜干すと乾くまでに時間が掛かる上に、湿気を残したままになるのでトラブルの原因になります。

ベビー服を乾燥機にかける際の注意点

先に紹介した通り、ベビー服を乾燥機にかけるメリットとしてはダニやカビの死滅にあります。ただし、ベビー服の素材は乾燥機NGの場合も多いです。

洗濯表示で乾燥機NGの場合は使わない様にしましょう。問題ない場合でも長時間はダメージを負うので、生乾き程度で取り出して部屋干しすると、ベビー服でも長持ちさせる事ができます。

また、多くの服を一緒に乾燥機に入れると時間が掛かる上に乾燥できる部分にムラができるので、少ない枚数にすると良いでしょう。

タンブラー乾燥は叩きつけるので、上手に使えばフカフカになりますが、一般家庭だと衣類乾燥機などで短時間乾燥させて、部屋干しにと言う流れの方がダメージ面から見ると良いと思います。

水通し後に干しアイロン

アイロンがけする場合は必ず洗濯表示を確認し、アイロンOKかどうか、温度は何度まで大丈夫なのかを把握して行って下さい。

タンブラー乾燥と違ってダメージは少ないですが、高温で乾燥させとゴワゴワになるので注意が必要です。押し付けずに短時間でサッとシワを取るくらいにしておきましょう。

ベビー服の水通しは1回でOK

ベビー服

ベビー服の水通しは1回か2回やるべきかと迷う方もいらっしゃいますが、基本的には最初についていた糊とホルムアルデヒドを落とす事が主な目的なので1回でOKです。

その後は大人の洗濯物と分けて通常通りに洗濯、洗濯槽も毎回洗う必要はありません。

ベビー服の水洗い後の保管方法

ベビー服の水洗い後の保管方法

水洗い後のベビー服の保管は、ホルムアルデヒドが移らない様に大人の洋服とは別に収納に保管する必要があります。

ここでジップロックなどビニール袋を推奨される方がいらっしゃいますが、これは正しい収納方法としては絶対にやってはいけない方法です。

ジップロック等のビニール袋は通気性が無いので中に湿気が溜まり、ダニ・カビ・虫の発生原因になります。完全密封もされていないので、湿気が溜まり発散されないので、ベビー服じゃなくてもおすすめできません。

水洗い後の正しい保管方法は1つ1つを不織布カバーに入れて大人の洋服とは別の棚にしまう事です。不織布カバーだと通気性は確保した上で様々なリスクを軽減できるのでおすすめです。

ベビー服の水通しがめんどくさいならクリーニングへ

ベビー服やベビー布団など、出産前の大変な時に色々と準備するのは大変でめんどくさいと思う人は多いです。

ベビー服を用意したら直ぐに依頼し、水通しの為のクリーニングをした上で適切に保管してくれます。予定日が近付いたら返却依頼すれば、保管に関しての悩みもなくなり非常に楽です。

もしくは依頼する時に、返却日がこの辺りだから、なるべく返却日に近い日に洗って欲しいと依頼しましょう。coromoeでは、そういう細かいご依頼を承り可能です。

注意点

注意点としてはクリーニング後に取りに行かず預かって貰う場合は、保管サービスとして預かっておらず、ビニール袋に入ったまま置かれているだけでダニ・カビなどが発生している場合がある事です。

ですので、保管サービスも専門でやっているクリーニング業者に依頼しましょう。

出産前にベビー服の水通しや保管でお悩みの方は、coromoeにご相談下さい。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました