洋服や布団のダニ対策

トランクルームに保管する洋服や布団のダニやカビ対策

カビが生えた部屋
coromoe-u

シーズンオフの衣替えで収納が狭く、洋服など衣類をトランクルームに保管すると言う人もいらっしゃると思います。ただ、丁寧な管理がされていないトランクルームだとカビなどトラブルが多いので、正しい保管方法と共に注意点を紹介します。

トランクルームで起きるトラブル

トランクルームに洋服を保管すると起きるトラブルです。

  1. カビだらけ
  2. ダニだらけ
  3. 虫食い被害
  4. 臭くなる
  5. 自分で運ぶ大変さ

トランクルームはカビの温床

最も多いトラブルがカビです。空調管理がしっかりなされていないと、湿気が溜まるので、長期保管し必要になって取り出してみるとカビだらけで使えない状態になってしまったと言う人も多い。

カビの発生条件

温度:5℃~35℃前後

湿度:80%以上

栄養:食べ物、ホコリ、汚れ、人の垢や髪の毛、プラスチック、塗料や接着剤など多種

上記の3つの条件が揃うとカビが発生します。湿度は部屋の湿度ではなく表面湿度で、例えば部屋は50%でも窓は80%なら窓にはカビが生えると言う事です。

条件をご覧の様に人間が生活する場所はカビが生えやすく、手入れが届かないトランクルームがカビが発生しやすいのは仕方がない事です。

トランクルームはダニの温床

ダニ

カビだけではなくダニにも気を付けないといけません。カビの栄養にもなってしまうダニですが、それ自体も痒みやチクチクした痛み、アレルギーの原因になってしまいます。

ダニの繁殖条件

温度:20℃~30℃

湿度:60%~80%

栄養:食べ物、ホコリ、人の垢やフケ、カビ

カビと同様に人間が生活する場所にダニが多いのは条件を見ると分かるし、同様に手入れが届かないトランクルームがダニだらけなのも仕方がない事です。

ダニはカビを餌にしますが、それと同時にカビの胞子を撒き散らすので、カビが発生しやすくもなります。

虫食いが起きる

虫食い

湿気、汚れ、埃などが溜まっていると、虫が住み繁殖しやすい。カビやダニだけではなく他の虫も発生したり入り込むので、虫食いが起き、洋服や布団に穴が開くリスクもあります。

翌シーズンや、いずれ使う為にトランクルームを借りてまで保管しているのに、穴が開いてしまっては使えなくなってしまいます。

トランクルームで保管した洋服や布団が臭い

臭い

空調管理がなされていない場合、保管していた洋服や布団が臭くなるなど、匂いの問題も発生しやすいです。

汚れをシッカリ落とせていないまま保管、トランクルームの空調が悪い、他の利用者の匂いが移る等、原因は様々ありますが出した時に臭いと言うトラブルも多いです。

5.自分で運ばなくてはいけない

荷物を運ぶ

宅配サービスの保管業者も増えつつありますが、殆どのトランクルームは自分で荷物を出し入れするタイプです。

ですので、布団や洋服など嵩張る物を出し入れする時は車が必要だし、何度も往復しなければならないと言うデメリットもある事を利用する前に認識しておきましょう。

トランクルームのカビやダニ対策

保管に回す洋服

1.洋服や布団は保管する前に必ず洗濯する

汚れがカビやダニの好物なので、保管する前にシッカリ洗濯をしましょう。衣替えで保管する前に行う仕舞い洗いの作業です。

1度でも着たら汗や皮脂汚れは必ず付いているので、そのまま長期保管するとダニだけではなく、黄ばみや色落ちなど変色の原因にもなります。

2.業務用の乾燥機などでダニ対策

洋服や布団の奥に入り込んだダニを洗濯だけで死滅させるのは不可能です。天日干しや布団専用掃除機などでも取り除くのは難しいでしょう。

そこで洗濯後にコインランドリーなどに置いてある大きな乾燥機を使ってシッカリ乾燥させましょう。

ダニは50℃で20~30分、60度で一瞬で死滅します。全てを取り除く事は無理でも、一旦全てを死滅させておくだけでも大きく違いが出ます。その上で掃除機で死骸やダニの糞を取り除くと良いでしょう。

3.トランクルームの湿気対策をする

床にそのまま置いたり段ボールに詰めたまませず、スノコを敷いて空気の通りを良くしたり、棚や衣装ケースを使い更に除湿剤を定期的に入れ替えましょう。

4.圧縮袋を利用する

布団圧縮袋や衣類圧縮袋を利用すればある程度は守られるので、カビやダニ対策になるのでおすすめです。ただ、シワになってしまうので、その覚悟は必要になります。

5.出した後も洗濯し乾燥させる

仕舞い洗いをしているから、出す時は洗わずにそのまま使おうと言う人もいます。しかし、トランクルームでの保管はダニやカビや臭いなどトラブルの原因は大きくなっていくので、出した後も必ず洗濯し乾燥させましょう。

洋服など衣類や布団を保管するのにおすすめのサービス

ここまで述べた通り、トランクルームには特有のトラブルがあります。洋服など衣類や布団を置いておくには不安だし、出し入れも面倒だと感じた方も多いと思います。

トランクルームより少々値段は上がりますが、宅配型のトランクルームサービスも登場していますが、出し入れの面倒さが無くなるくらいです。

様々なトラブルを考えると、洋服や布団の保管におすすめはクリーニング付き保管サービスの利用です。

注意点

街のクリーニング店でも少しの期間なら保管してくれる所はありますが、保管状態はクリーニング後に、そのまま吊るしておくなどの単に置いておくだけの保管なので、あまりおすすめできません。

専門サービスだと、洋服など衣類や布団の保管に適した状態で管理してくれるし、使いたい時に依頼すればクリーニングし綺麗な状態で即利用可能です。

殆どのサービスが宅配対応なので、出し入れの不便さも無いし、半年以上保管してくれるサービスもあるので、衣類などの保管には絶対にこちらをおすすめします。

創業75年の高品質な宅配クリーニング

coromoé

coromoe宅配クリーニング

coromoéは全国対応で高品質な宅配クリーニングを提供しております。

他店で落とせなかったシミや汚れ、断られた高級品やデリケートな衣類も、高度な知識と技術で綺麗にする事が可能です。

公式LINEでは、1点1点、細かなやり取りによりお客様に合った洗いをご提案可能です。これまでクリーニングに不満があった方は、ぜひご相談下さい。

記事URLをコピーしました